モ デ リ ズ ム blog
Powerd by kazushi kobayashi / Mail : m_rhythm@zau.att.ne.jp
2体目の12ウィーゴ出力時に気付いた点などを書いていきます。
WeGo0920b.jpg

こちらはUpplus2の出力プレイヤー画面です。
WeGo0920n.jpg

大きい方のパーツは胴体フレームの側面パーツです。
円柱状のパーツを出来るだけ綺麗に出したいのでこの向きにしていますが

裏面の平面にビッシリサポートが付き、
それを除去するのが結構厄介です。
WeGo0920k.jpg

画像では大まかにしかサポートを取っていません。
ナイフでこそぎ落とそうとしてザクッとエグッてしまうと
中空(格子状に補強が入っている)なので穴が開いてしまうので注意が必要。

、、、えぐっちまった。
WeGo0920o.jpg

組み上がると隠れる部分だけど、複製取る際には穴を塞がなければ。

傾斜が付いている下面は荒い仕上がりになりますが、
サポートは簡単に取れます。

といった感じで出力方向は何を重視するかで
ベストな向きが変わります。

あと、ツイッターで教えて頂いたのですが、

「出力時にパーツレイアウトを詰め込み過ぎると
 素材の熱収縮に負けてセルボード(積層物が固定される板)自体が反る。」


との事です。

今回1パーツが積層中にボードから外れ、グチャグチャになったり、

WeGo0920l.jpg

頭のパーツですが、こんな風にサポートからめくれ上がった物がありました。

これは上記の事が原因の様です。
その際のレイアウトがこれ。
WeGo0920m.jpg

パーツの間隔はともかく、
頭のパーツの裏面にビッシリサポートが付くので
そこの影響が出かかったんだと思います。

右側がそのビッシリサポート。
左は試しにパーツを縦に出力した同じパーツ。
WeGo0920p.jpg

この頭はこの後単独で出力しました。
そういや1回目の時も角のパーツが外れていたことがありました。
仕上げや頭頂の丸穴を重視しているので仕方ないのですが、
あまり良くない出力方向ですね。

と、今回は難点が目立つ記事になったかもしれませんが、
前回の記事に書いた様に
寸法精度や強度は大変な強み。
1回で上手く行かなければパーツを分割するなどして
再出力してもコストが安い。

使い手の工夫でかなり楽しく使える方式のプリンターだと僕は思います。

ただ絶対必要とされるのは

・3DCG(CADでもスカルプト系でも何でもいい)でデータ作成するスキル

・出力パーツを加工出来る模型的スキル

です。
アナログモデラーの人にとって
CGソフトの操作法を覚えるのは面倒だと思いますが、乱暴に言えば
『モデリングをする為に複雑な計算式を解く頭が必要』といった事はありません。
このボタン押したらどうなるか?を延々記憶していくだけです。
スクラッチやキット改造で理想の形が追える方なら
意外と早く習得出来ると思います。

CGモデラーの人にとって
仕上げ作業は面倒です、ね。
逆にこっちのスキルはその蓄積に時間はかかると思います。
使う工具、パテ類、サフなどの塗料は
それぞれ特性が違います。
とは言え今は幾らでもネットで調べられますし、
毎月何冊も模型誌は出てるし、別冊もたくさんある。
見本となる事例が幾らでもあるのは強みだと思います。

どちらも見上げれば高い山はありますが、
基本的な技術の習得なら何とかなると思います。
随分長く作ってる僕でも未だに出来ない事だらけですので、
興味がある人はちょっとづつ手を動かしていけば良いと思います。

ソフト、ハードとお金はかかるけどね。。
面白い世界だとは思います。
WeGo0920j.jpg


という訳で、3Dプリンター話がメインになりましたが、
この後はカテゴリーを1/12メカトロウィーゴに戻して
時間がある時に仕上げていこうと思います。

FC2 Management

[RSS] [Admin] [NewEntry]

全パーツ出力終わりました。
WeGo0920a.jpg

ミスって出し直したパーツが幾つかあり、
正確なデータではありませんが、
一体分の出力にかかった時間は約59時間

使用したABSフィラメントが458.2g

実際出力にかけてた日数は4日+今朝30分。初日に早めに動いていれば4日で収まってます。
材料は700gのABSを6000円ほどで購入したので、
1g換算で8.5円とすると、このウィーゴ1体で4000円かかっていないですね。

安い、、!!!

ランニングコストの低さはこのタイプの3Dプリンターの最大の強み。
あと僕が気に入っているのは寸法精度がなかなか良いという点。

胴体フレームのパーツなどは
WeGo0920f.jpg

ギュッギュと組みたてていくと
WeGo0920g.jpg

接着剤不使用でこうなるという。素晴らしい。
WeGo0920h.jpg

ABS樹脂なので、多少キツイ部分もグリグリとはめ込んでも
結構無理が効くのがいいです。
パーツ強度もそこそこあるので、あんまり破損も無いし。
(データや積層設定によりますが)

最大の弱点としてはどうしても出力時の下面が荒れる事です。
ウィーゴの肩外装で言うと、左の上面は綺麗(この方式としては)に仕上がっていますが、
積層時下面になる右側はかなり荒れています。
WeGo0920c.jpg

1体目はこのままパテで仕上げましたが、
今回はパーツを2分割して出力してみました。
接合面になる部分に3mmの穴をデータで作っておき、
出力後3mmプラ棒(白い部分)を挿してピンを立てれば
WeGo0920d.jpg

面にズレもなく組み上がります。
(接合面に少し隙間があるのは、サポートをラフに取っただけで
 ヤスリで面を均していないからです)
WeGo0920e.jpg

他、気づいた点などありますので
明日に続きますー。

ウィーゴより3Dプリンターの話が主になっていますので、
 カテゴリーを3Dプリンターにしています。)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

TOYSUP!(トイズアップ!)5号、見本誌到着!

IMG_0384.jpg

メカトロウィーゴ表紙号!!

表紙は出力用CG原型のデータを元に
ムービー用の調整を経て、
更に静止画様に手を加えて頂いた、
フレームワークス・エンターテインメントさんによるCGウィーゴです。

艶のある表紙とのマッチングが素晴らしい。
有難うございました!

巻頭から「みんなのメカトロウィーゴ大集合!atワンフェス」特集。
IMG_0386.jpg
(右半分の画像は誌面じゃなくて背景です)

夏のワンフェス会場で展示させて頂いた
皆さんのウィーゴのうち、約半分が掲載されています。
なんと8ページも使ってドドドーンと!すごい!
(残り半分はトイズアップ!6号に掲載されますのでお待ち下さい)

今回掲載されている作品の製作者はこちらの方々です。

IMG_0385.jpg

とても賑やかな誌面になっています。
今回から800円と価格もお安くなっていますので
どうか1冊、2冊とお買い上げ頂ければと。

後ろの方のページでは新たに「メカトロ中部プレス」として
1P記事を書いています。
今回は千値練版35メカトロウィーゴT1のお話です。
記事を書いている時はまだT2上がり前でしたので。
T1_16.jpg
(こちらもまだ予約受付中のお店があるのでよろしくです)


トイズアップ!は一般の本屋さんでは取り扱いがありません。
9/20 秋葉原の海洋堂ホビーロビー東京さんと
ボークスさんで販売されている事が確認出来ました。


通販はトイズプレスのこちらのページをよく読んで頂けると
お得に購入できます。
銀行振込、郵便振替で購入されると送料無料になるそうです。
こちらのページからクレジットカードで購入すると
送料が割高になってしまいます。

ご注意下さい。

また、楽天ショップでの販売もありますが、
受注が終わっている店が多々あります。
今検索したところビージェイさんでは扱いがありますので、
材料や模型、フィギュアとご一緒に是非!
ウェーブ・ビージェイさん、吉祥寺にまたお店出して欲しい。。(切実)

店頭にもう並んでいるのかは未確認ですが、
わかりましたらまたお知らせします。

よろしくお願いしますー。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

合間に1/12ウィーゴをUpplus2で再出力し始めました。

IMG_0328.jpg

少しだけデータを修正しつつ。

まだどうなるかわかんないですけど、
冬ワンフェスに向けて、少数でもレジンキット販売出来ないかなと。

前回もメモは取っていたんですが、
設定替えたり、出力し直したりでゴチャゴチャになってしまったので、
今回はよりきっちりデータをまとめつつ。
(出力時間とABS使用量など)
IMG_0329_201409190854440f7.jpg

ファイル名適当&ゴチャゴチャでかっこわるいから画像小さくしたぜ。
出力しきったら整理してお見せしますね。

2日間で出力出来たパーツはこんなもんです。
IMG_0331.jpg

形状的にMODELAを併用すれば
仕上げがラクなパーツも多々あるなと思いつつ。

1体目は勢いで仕上げたけど、
もう一回仕上げるのめんどいな。
とは思いつつも、磨き作業はドラマやアニメなどのシリーズ物を流しながら作業すれば
意外とストレスゼロで出来るのであんまり苦では無いです。
問題は作業時間捻出とシリコンレジンの使用量だな。

サイズ的に業者依頼では製品価格がかなり高額になると思うので
手流しで価格を抑えられれば、、と考えています。
今更ながらに最近購入者の多い
安めの真空脱泡機導入するかもです。
ああ、マニー。。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日一杯でハセガワオンラインショップでの
メカトロウィーゴ夏カラー」「ヘリウィーゴ」「水てっぽうパーツ」
レジンキット通販のご案内を終了しました。
SWeGo.jpg

ご注文頂いた皆様、ありがとうございました。
キットは現在生産中です。
なるべく前倒しで発送出来るよう心がけます。

(未入金の方が居らっしゃるようですので、
 お支払いの期日にご注意下さい。)


昨日は全日本模型ホビーショー展示用に
ヘリ用のウィーゴを一体塗っていました。
ヘリ部分との色マッチングはあまり考えず
まだ自分で塗った事の無い色でと。

IMG_0298.jpg

作業中にヘリを落とすわ、割るわ、
ウィーゴも落とすわ、割るわ。
もう休ませてあげて!

出来上がったところで整列。
IMG_0303_2014091710085169e.jpg

ううむ。たくさん並ぶと楽しい。
世の中にホコリが無ければいいのに。

あ、そうそう、電撃ホビーマガジン誌でライターをされている
GASさんのブログで、35ウィーゴの改造記事が掲載され始めましたよ。
GasHP.jpg

おおお、どうなる!楽しみ!
途中で止めない様にみんなで見守りましょうね。(監視とも言う)

9月も後半に入りましたが、
トイズアップ!5号をはじめ、幾つかメカトロウィーゴ関連のお知らせがあります。
順番に告知していきますー。

[RSS] [Admin] [NewEntry]