HOW TO

HOW TO

HOW TO に関する記事です。
久々におもしろ技の紹介。

先日ツイッターで
とあるひのコタツガの明葉つらねさんが
「こんなのあるんだ」
とツイートされていた物がこちら。



熱収縮チューブにテプラで印刷出来るカートリッジ。

「え!?こんなのあるんですね!
 これ、突撃するかもしれません。」

などとやり取りしながらテプラ本体を検索。
どうせならPC接続タイプを、、うげ!思ったより高い、、!!
しかも値段に応じて解像度に差があるのか。。
どこかレビューは、、おお、かすかにある。
なるほど。

当然模型に使いたいので、かなり迷う値段でしたが
(果たして元が取れるほど使うのか。。)
上位機種のこちらをアマゾン。



完全に予定外の出費。
頼む、望みの用途で使えますように!

レッツテプラ。
tep01.jpg

おお。なかなか綺麗。

こちらの5mm径の物(他には11mmしかない)を
3mmのアルミ線に通し、ライターであぶって収縮させてみると。
tep02.jpg
(ヒートガンの使用を推奨。僕持ってません。)

良い。

曲げてみると。
tep03.jpg

おお!良い!文字も剥げない!

想像以上に印字は強いです。

エナメルシンナーとペトロールを含ませた綿棒でこすってみる。
tep04.jpg

左からCHUBUロゴと、CHの文字までをこすりました。
画像じゃわかりづらいですが、
結構ゴシゴシこすると少し印字が薄くなりましたが
(これはこれでコントラスト落とせて良い)
デカール自作の友、アルプスのインクリボンの様に
ゴッソリ剥げるかなと思っていたので
驚きの強度でした。
これはかなり優秀だ。

今ガンプラ作ってたら間違いなくどこかに使いたい!
3mm以下には収縮出来ないけど、1/100派だから問題無いし。

チューブの色は白しか無いですが、
これ、何か染料で色つけたり出来ないかな。
いずれ気が向いたら試します。

ということで、ひとまず今作っている1/12のウィーゴに
無理やり使いたい、、どこか無いか!
tep05.jpg

追々考えます。

他に良さ気なカートリッジに
インレタ作れる物もあったんですよね。



これも嬉しい!とポチってみましたが、
tep06.jpg

これは綺麗に定着させづらいです。
つや消しの塗装面に試した所、ちょっと厳しかったです。
塗面の状況でもう少し良く出来そうではありますが、
かなり糊が弱いかなあ。

紙にもこんな感じなので。
かなり用途が限定されそうです。
tep07.jpg

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先日実演した「金属質感」塗装のまとめです。

当日見て頂いた方は

「お前、もっとラフに塗ってたじゃねーか!」

と思われるかもしれません。
これは実演前に撮影した物ですが僕もそう思いました(おい)。
手順は同じですので、いずれにせよお気楽に。

基本的に以前ファルケのノズル部分を塗った際の手法と同じですが、
(今回の記事では補足し切れない部分もあるので合わせてご覧下さい)
今回はエアブラシを使わないで仕上げています。

【1】下地に黒を塗る。

今回はクレオスの黒サフェーサーを。
この塗料は完全なつや消しになりますね。
この色でなくても構いませんが、黒か黒に近いグレーなどがいいと思います。
艶は消えている方が、この後の塗料の乗りというか引っかかりが良いから
いいかもしれませんね。

GsFig01.jpg


【2】シルバーでラフにドライブラシ。

ドライブラシというか、もはやウェットブラシという感じで、
筆跡がついても構わないくらいにラフに。
仕上がりとしては
「シルバーのパーツの所々に黒いかすれがある」
という感じになるくらいシルバーを塗ります。

GsFig02.jpg

別のパーツで見るとこんな感じ。上段。ラフでしょ。
GsFig02b.jpg

シルバーはMr.スーパーメタリックカラーを使用。
僕はメッキシルバーをよく使いますが、今回は赤みが欲しかったので
スーパーチタンを使ってみました。
このシリーズのシルバーは粒子が細かく、ドライブラシしやすいと思います。


【3】シタデルカラーで赤味を足す。

僕はシタデルカラーという水性塗料を込んで使っています。
入手しづらい点がお気楽塗装方法紹介のコンセプトから外れ気味なのですが、、
臭いも無く塗りやすく、なかなかいい塗料ですので機会があれば是非。

そのシタデルカラーの中から「シタデルウォッシュ」シリーズの
「オグリンフレッシュ」という薄めたクリアーブラウンみたいな色を使用しました。

(シタデルカラーは近年各塗料の名称が色々変わったそうで、
「シタデルウォッシュ」は「シタデルシェイド」という名称に変わっているそうです。)


この塗料を筆につけてべちゃべちゃと塗っていきます。
筆ムラというよりは、塗料が溜まってもいいのでべちょべちょと
何も考えず全体に置いていく感じでしょうか。
手持ちの塗料は薄めだったので、2回同じ工程を施しました。

GsFig03.jpg

【4】シタデルカラーで青味を足す。

同様に「シタデルウォッシュ」の「ブルー」をべちょべちょと。
先程の「オグリンフレッシュ」を塗った部分を避けるとかあまり考えず。
ほんのちょっとだけ変化が付く様に意識しつつも割と無心で。

GsFig04.jpg

別のパーツだとこんな感じ。ラフでしょ。
左が【4】の状態。右が【3】の状態。
GsFig04b.jpg


【5】シタデルカラーで黒味を足す。

黒を今度はびしゃびしゃと全体に塗ります。
塗料が溜まった部分をわざと作ったりして変化をつけつつ。
シタデルウォッシュは塗膜が薄いのでこういう風に塗っても
ドライヤーですぐ乾燥させられます。
GsFig05.jpg


【6】タミヤ・ウェザリングマスターで黒味を更に足す。

画像だと分かりづらいのですが、アクリルシンナーを含ませた筆で
ウェザリングマスターの「オイル」を溶かしつつ前全面に塗っていきます。
下地が透ける程度の濃度で。
GsFig06.jpg

奥まった部分は濃い目に溶いてペタペタと。
GsFig07.jpg

【7】傷をつける。

ごめんなさい。
画像が無いんですが、この後3Mのスポンジヤスリの荒い番手や
100均一などでも買える真鍮製のワイヤーブラシを使って
表面に傷を付けていきます。

エッジにあてて下地のシルバーを出しつつ、全面ラフに。

【8】油絵の具でウォッシング。

黒、茶、グレー系の油絵の具を適度に混ぜ、
溝部分などには濃い目、全面には薄目に
無臭ペトロールで溶きながら塗っていきます。
この作業もかなりラフにやっていますね。

【9】アクリルシンナーで調子を整える。

タミヤのアクリルシンナーを筆が少し湿る程度に含ませます。
それをドライブラシの要領でさささっとエッジをなでていきます。

シタデル、ウェザリングマスター、油絵の具が重なった事で
失われた金属感を蘇らせます。
余分なオーバーコート部分を除去すると共に
アクリルシンナーで撫でた部分に艶が出てきます(この艶がポイントだと思います)。

GsFig08.jpg

GsFig09.jpg

以上。
まだまだ盛り込める要素(サビや埃など)もありますが
短時間で説明出来る内容という事でこれくらいで。
これだけの大面積をこういう塗りで仕上げる事は無いと思いますが
せっかくなので僕なりの変わった塗り方を実演させて頂きました。

最後に使った塗料を。

左から
クレオスの「スーパーチタン」と
「メッキシルバー」(←今回使っていませんが通常はこれでドライブラシしています)

GsFig10.jpg

真ん中から右にシタデルカラーの「シタデルウォッシュ」シリーズ(現シタデルシェイド・シリーズ)
「Ogryn Flesh(薄茶)」(現 Reikland Fleshshade)
「Asurmen Blue(薄青)」(現 Drakenhof Nightshade)
「Badab Black(薄黒)」(現 Nuln Oil)

油絵の具は以下の色を。
黒、茶、グレー(代わりに白もよく使います)系の好みの色で適当に。

GsFig11.jpg

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日はCGのモデリングからMODELA出力、シリコン型製作、レジン複製、
ポリパテ盛り削りetc、、、と、使えるコマンドのほとんどを使って作業しておりました。
部屋がとても汚いです。

先日「家に物が無い」というか、極力置かないようにしてる人の話を聞きました。
僕には絶対維持できない空間だろうなと思いつつ、
あまりにそういう部屋とは縁が無いので、頭に浮かんだのは綾波の部屋でした。
たぶんそれや無い。

まあ、ため込みますよ。
レジン注型の際に出来るランナーだって残してますよ。
RIMG0103.jpg

いや、でもね、ちゃんと使うんで、、、
また型作る時に利用もするし、5mm角で作ってるから原型用の材料にしやすいので。
昔書きましたけど、これを黒瞬着で接着してブロック状にすれば
グリッド付きのブロックになるので対称も出しやすいんですよね。
(何となくというレベルですけど)

随分前に作ったこれなんて
RIMG0102.jpg

(ミドリンとボイラーではなくロボ)

ほぼ全部5mmレジンランナー貼り合わせからの削り出しです。
一部プラ板とノズルパーツ、手首は以前作った物から改造してますけど
他は確かレジンブロック。

という訳でね、うちは散らかるよと。
ウサギの毛もすごいよと。
掃除なんてしらねえよ、夏。

* ほんとは綺麗に暮らしたいです

[RSS] [Admin] [NewEntry]

皆さん買いましたか。
僕は散々悩みましたよ。
でも今ならすぐ買えるっていうじゃないですか。
いやー、アレがあると便利そうじゃないですか。
また未来感じちゃうじゃないですか。
ITボーイ・テールエンダーの僕としては
やっぱり我慢できずにゲットイットですよ。

赤にしました。
001_20100529093022.jpg

は?iPad??
そんなもん欲しいわ。
金ないわ。
わたし待つわ。次のiPhoneが売られる日まで。

超電磁、、いや超音波なカッター。
ここで買うと赤だとオマケついてたんで。
注文したら翌朝届いてナイスでした。

結局レジン切削がまだ結構残ってたんで
思い切って注文しました。
近年集中力低下で(おい)ちょっと力入れてナイフ使ってると
指先サクサク切っちゃうんですよね。
これを使えばそんな事も減りそうです。

ちゃんとしたレビューはどっかで見てもらうとして(おーい)雑感を少し。
作っている物が小さいので、まだ検証出来る程使えてません。

プラ板切断はそれなりに溶けます。
使い方に注意が必要。
ヒートカッター使ってる感覚に近い。

レジンも若干溶ける感じ。
熱伝導がいいのか、かなり熱くなるので注意。
切削性はそれなりにいいけど、
必要な時だけ使いたい感じ。

マジックスカルプは相性最高。
スルスル切断出来ますね。
この加工には常用したくなる。

という感じで。
大面積の切断になるとまた感想変わるかもしれないので
やっぱり他のサイトを参考にして下さいませ。

まあ素材が何であれ、あまり力を入れずに切断出来るアドバンテージはあります。
モーターツールより頻繁に使いそうかな。
費用対効果は人によると思うけど、
プラモ改造にはちょっと贅沢な感じもします。
これが無ければ出来ないなんて事は無いでしょうし。
ただエポパテやレジンブロックからガシガシスクラッチする人には
重宝するツールだなとも思います。
まだ触り始めですが、今の所僕は買って良かっと思っています。

とりあえず僕がこいつじゃなくて良かったです。
sid.jpg

シドだったら手当たり次第に玩具が犠牲になりそうな武器だ。

■ 本日のエヴァ

タワレコのCDホルダーは良い。
002_20100529093021.jpg

これが105えんだなんて。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

ボークス透明シリコンの覚書。

その1でも書きましたが、真空脱法したシリコンを
まず原型に少量かけ、その際に発生した気泡をエアブラシで潰した後は
なるべく低い位置から残りのシリコンをドロッと一気にかけております。

そうするとまた気泡を巻きこんでしまうのですが
005_20100114092216.jpg

24時間という長時間をかけて硬化するこのシリコンですと
自然放置でほぼ大丈夫のようです。
今まで12回くらい流して気泡ゼロで型が出来ております。

あと耐久性が想像以上でした。
今回数を抜くので信越のシリコンスプレーを吹き付けていますが、

(って、マケプレだけどAmazonで取り扱いあるのか、、)

画像中央のような1.5mm程の突起部分も
切れる事無く25個以上抜けております。
006_20100114092215.jpg

すげえ。
シリコン自体の固さ(あまり柔らかいと型ズレしやすい)、
切削性(ゲートを切る際)も良好。

硬化時間と作業にかかる手間と金額(最安シリコンよりは800円くらい高いかな)を考えても
個人的にベスト。もうこれで満足です。

今後も急ぎ且つ数個しか抜かない普段の仕事では
僕はWAVEの赤い硬化剤のシリコンを使うと思いますが、
個人でガレキ製作するなら今後はこの透明シリコン一択かなと思う程気に入りました。

あ、収縮率の関係から他種のシリコンでの増量はしない事にしました。
食い付きも悪いようです。僕が使った異なるシリコンは綺麗に剥がれました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]