1/20チューブ1号組立説明

1/20チューブ1号組立説明

1/20チューブ1号組立説明 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

08/02/24 ワンダーフェスティバル会場にて
販売しましたチューブ1号のマニュアルにミスがありました。
申し訳ありませんが、こちらで訂正させて頂きます。

腕部インスト

こちらの画像が正しい物です。
腕部は片側 12 → 13 パーツになります。
画像右上の「ボールC」は肩関節に使われます。

* 通販分には訂正したマニュアルを同梱します。

以前ボールCは余分に2個入ってると記述しましたが
必要分しか入っていません。
よって、総パーツ数は 103 → 105 になりました、、。

大変失礼しました。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

~首から胴の配管編~


首カバーの内側にゴムチューブを挟み込みまして。
2007_08210001.jpg


1/12ではグラスチューブを頭から胸まで突き刺していました。
ほんとはこのパイプって、ヘッドライトのコードが入ってるだけという設定なので
もっと細くていいんですけども。
WF展示版ではパッと見た時の見栄え優先で仕上げてしまいました。


首付け根から脇にパイプを通す。
パーツに隙間があるので無加工で大丈夫です。
2007_08210002.jpg



脇から背中カバーの隙間に刺す。
2007_08210003.jpg



終了。

という感じで作られています。
2007_08180029.jpg


2007_08180030.jpg


WF版は基本的にボークスのDMユニットを使用し、
今回はイエローの物を使用した訳ですが、
強度的にはイエローの方が高いようです。
軸のイビツさはやはり気になるところですが。
あ、軸受け側に丁度いい太さのポリキャップがあれば
それを埋め込んでみてもいいかもしれないですね。

ボークスの物はその軸受けパイプが付属しているのが
最大の特徴なのですが、
その為スムーズな軸回転が出来るのがいいです。
ただ、この軸受けを埋め込む為に
4.5mmの穴を開けなければいけないのが手間ではあります。

(ボークスのDMユニットですが、ある方からの情報では
 ver1もver2も共存して販売されているそうです。
 ver1は軸が長めに設定されているのが良く、
 ver2は軸にストッパー、軸受けにストッパーを通す切り欠きが
 あるのはいいけど軸が短いという違いがあります。
 一長一短あるのですが、選べるなら、、僕は1を選ぶかな。)


長々と続きましたが、マニュアル編はこれで終了という事で。
何か質問などありましたらメール頂ければと思います。

2007_08140012s.jpg


あ、操縦かん外れてる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

~外装編~


全13パーツ。

フロントノーズ部分ですが、
白いパーツの裏側(茶色く印した部分)を少々削って頂き、
右画像のように緑パーツと隙間が出来ない様にして下さい。
(すみません)
2007_08180011.jpg



出来たノーズ部分は2mmのアルミ線で接合しています。
プラ棒や真鍮よりアルミの方が調整が楽ですので。
2007_08180014.jpg



左画像/背中に板状パーツ(LR表記あり)をはめ込み、
右画像/ボディパーツを後から先に固定。
2007_08180015.jpg



背中の外装は、注型時に出来た余分な箇所を切除して頂き、
2007_08180020.jpg



左画像/マフラー基部パーツにマフラーを取り付け、
右画像/背中外装に取り付けます。
2007_08180021.jpg



フレームに胸、背中外装を取り付け。
2007_08180022.jpg



股関節につくカバーパーツは左右があります。
角が丸くなってるのが内側です。
裏側に2mmの穴を開け、
フレーム側のピンに差し込みます。
ピンはアルミ線などに変えた方がいいと思います。
2007_08180025.jpg



という訳でやっとこ完成。
2007_08180027.jpg



完成見本では首から胴にかけてもチューブを配していますが
それはまた明日。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

~腕部 編~

片側10パーツ。

今までの加工法を応用して頂き、
上腕はこのように組みます。
肘ジョイントは8mm径です。
2007_08160017.jpg



肩カバーと上腕カバーを接着し、下腕を接続。
2007_08180006.jpg



手首には6mm径ジョイントを使用。
L字形に曲げて接続します。
指を可動させたい方は、小ネジを用いて接続して下さい。
2007_08180008.jpg

親指の接続には
コトブキヤABSユニットのこちらを使用すると
簡単に可動に出来ます。
一番小さいサイズの物を使用。
こんな風に接続します。
2007_08180009.jpg



やっとここまで出来ました。
2007_08180010.jpg


碗部に使用したジョイントは
左右合わせて
10mm球2個。
(メインフレーム編で使用した物と重複してます)
8mm球2個。
6mm球2個。
+ 親指用ジョイント2個です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

~足編~

片側12パーツ。
2007_08160015.jpg


[1/20チューブ1号 オンラインマニュアル4]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。