ザブングル

ザブングル

ザブングル に関する記事です。
先日ツイッター上で「ザブングルの日」「30周年」と言う事で
色んな方が作品をUPしていました。

それを見ていたらまあ刺激を受けまして。

R3ギャリア作りたいなあ、、と。

以前改造プランをブログに記していたなあと遡ってみたら
2008年5月。。うお、約6年前??怖っ!

当時仮組みまでしていたので、現在の目で見たらどうなんだろうと、
引っ張りだしますウォーカーギャリア。

ふんふん。
やっぱり当時気になっていた部分は今も変わらず。
ああ、でも最低限気になる部分をバッサリやるだけで
大分満たされるんじゃないだろうか。
んー、ちょっと切ってみるかな。。

当時は無かった超音波カッターのお陰でサクサク工作が進みます。
あ、じゃあここも延ばそう。ここ詰めよう、そこもそこも、、、
と気づいたら3時間くらい工作してまして。

結果こうなりました。

20140330_224321258_iOS.jpg

現状で手を入れた箇所を記しておくと

・腿8mm延長
・足つけねのポリキャップ、外側ろ1.2mm程スライス。
 緑のカバーパーツ側面板を切除して、足の付け根が内側に入るように。
・腰の軸を伸ばし、後ろにオフセットさせる(高さで5mm伸びてます)
・上腕5mm延長(調整中)
・型付けの関節を左右入れ替えて、上から見て八の字に広がるように
 (今はモールド無視して白いブロックごと入れ替えています)

20140330_233418924_iOS.jpg

これくらいかな。
まだもうちょっといじるつもりですが
かなり好みになってきました。


さて、続きはいつになるのか!

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

あれこ気になる点をピックアップしていますけど、
決してこのキットの出来が悪いとか、作るの大変って事ではありません。

ただ本来プラモの楽しみって、自分なりの工作が出来る事だと思うんですよね。
無改造で塗りだけ楽しむ(個人的に作る場合はこのパターンが多いです)のもいいですが、
「オレの目にはこういう形に見えたんだぜ」
って、理想を求めてチマチマいじるのもいいもんです。

恐らく世間の公約数的な正解値は、キットのままで十分答えが出ていると思います。
しかしギャリアに関しては、僕の中で最も思い入れのあるキャラですので
他の人から見て「違う」と言われようが、好きに作ってみたいと思っています。
こんな風に感じる人も居るんだなー程度に眺めてもらえればと思います。


さて。

形状的にキットで一番気になってる肩。

2008_05250024.jpg


一見して「なんか大きい?角ばってる?」印象。
で、設定画に近づけるつもりは無いんですが
ちょっと引っ張り出してきてみたら、

2008_05260002.jpg


あー、なるほど。
全然違うんだ。
だから違和感あったんだな。

HJ誌では前後に2mm詰められていたと思いますが、
それも真似しつつこの頂点位置は丸めたいなと思います。

上腕はこのキットで一番ぶっきらぼうに感じたパーツ。
他の部分は微妙にRついてたりするのに
妙に箱っぽいんですよね。
ここはプラ肉厚分の削り込みだけで
印象変わるんじゃないかと思っていますがどうでしょう。


次に足付け根。

2008_05250020.jpg


可動の為といえ、
開くほどに頂点が下がっていくのは悲しい。
構造を見ると極力下がらないように意識して設計されているのはわかりますが
結果的に3枚目画像になると、僕は無しです。

旧1/100ザクの肩構造(中学生の頃見たっきりですが)は
頂点下がらずに可動して良かった記憶がありますが、
個人的にあんま動かなくてもいい派ですので
「2枚目画像までしか動かさない」
って事で逃げるかもしれません。

でも1枚目画像に見える腰と足の隙間は
無くなるくらい内側にオフセットさせる予定。
フレーム干渉などもあり、多分一番面倒な所ですね。


ちなみに僕のギャリア理想像は
OPでアイアンギア前に着地するギャリアと
2008_05260001.jpg


この絵のギャリア。
完全に湖川ラインです。

この形状で作ろうとするとほんとにスクラッチになるでしょうし、
実際にこの絵のまま作ると、好き嫌いがバッサリ分かれる
かなりピーキーな立体物になるだろうなと思います。
ほんとはそれくらいの方が楽しいんですけど。
せっかくプラモが出た訳ですし、
R3ギャリアver.オレ くらいで楽しみたいと思います。


まだ続くー

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ついに記念撮影の日がー。
2008_05250029.jpg



実はCGチェック出しを終える度に1時間くらいづつ作業し、
4日かけて(計4時間)先週末には仮組み終わってました。

思い入れありまくりのメカなので
模型店や誌面で見る限り
「ここはどうなの、、?」と思う箇所が幾つかありまして。
でも実際手に取らないとほんとの所はわからんなと思い、
あまり感想を述べてこなかったんですが。

作ってみたらやっぱり思ってたより良かったです。
キット化してくれて有難うー!

が、

やっぱね、気になる。
チョー気になる。
組んで数分後には
「ここをこうこうこう、、」
と改造プランがほぼ出揃いました。

で、上の画像は間接軸の部分でバランス見てる為
しっかり接合していない箇所が多々ありまして。

わかりやすく比較すると

ギャリア比較01


今はキットを無加工で出来る事しかやっていませんが。

●上腕取り付け部(白い部分)で3mmほど延長
●胴体ジョイントで5mmほど延長
●太股付け根(白い部分)で3mmほど延長
●膝関節部(白い部分)で3mmほど延長

と、全て軸がギリギリ刺さる位置で止まってるのが現状です。
この隙間を埋めるだけで大分印象が変わるなと。

足を長くしたいとかじゃないんですが、
全体的にギュっと縮こまった印象なので
体をほぐしてリラックスさせたいなと。

特に胴の延長はキーです。
ここが延びると肩位置が上がるので
足に干渉して開き気味になる下腕が若干締まるんですよね。
そのおかげで腰幅の広さも若干和らいで見えます。
キットが手元にある人はやってみよー。


後は具体的な方法はまだわかりませんが、

●肩の小型化
●腰の横幅詰め(関節部分の加工で)
●手首を何とか

は確実にやりたいです。

手首は酷い。
これは無いわ。
近年のMG可動指は安定していい出来なのに。
申し訳ないですけどここはハッキリと
不出来と言わせてもらいます。
手抜き過ぎる。


気になる点はやはり他の方も同じようで、
今月のHJ、電撃の作例でもここで挙げた箇所が改造されていましたので皆で見よう。
僕が実際に作業に入れるのは当分先になりそうですので、、
年内に作れればいいんすが。


次回は「まだまだあるぞ・ここが気になる神経質編」です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

そろそろ脱線しはじめますけどね。


昨日は久々に納品で
都心を超えて下町に行ってきました。
もういいだろと思っていたんですが、
またも帰りに10円まんじゅうを買ってしまった。
勿論
「このどまんじゅうがー!」
って言って食べました。

と、無理矢理ザブングル話に持って行ってますが、
帰りは秋葉で材料買出し。

ほんとにアキバヨドバシではギャリア売り切れてました。
あそこは入荷数も他の店より多いだろうから
やっぱかなり売れてるっぽい。

ラオックスも覗いてみたら
ST330165.jpg


入り口にギャリア特設コーナー。
やっと店頭で売ってる見た。

再販1/100をズラーっと横に並べて展示する店出て来ないかな。
あの白パッケージが壁に並んでたらかなり良くないすか?

あとガイアノーツのギャリア色も売ってました。
2008_04150008.jpg

ランナーに少し塗ってみましたが
大分落ち着いた色調。
確かに印刷物で見るフィルムのギャリアはこんな色の印象もあり。
彩度低めで若干くすんだ白っぽい緑です。

そういや電車待ちの際に撮影した物。
ST330162s.jpg


ギャリアのバズーカ、丁度こんなサイズじゃないすかね?
質感を真似ろ!


結局本体にはまだまだ着手出来ない状況です。
仕事しまっす。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

バズーカだけ組みました。

本来の持ち主に持たせてみました。

2008_04140005.jpg


改造無しでホールド出来るんですね。
素晴らしい。

随分前に中古屋で買っておいた
トロンミランも出してみた。
2008_04140007.jpg


湖川立ちですなあ。
2008_04140006.jpg


トロンミランで検索してみたら
ディープな湖川さんインタビュー記事に当りました。
WEBアニメスタイルのちょっと古い記事です。
遡れば他の記事も読めますが、
この項目だけでも読み応えがすごい、、。
必読です。
湖川さんを知らない若い世代のアニメーターさんにも読んで欲しいす。

ギャリア付属の小冊子を読んで改めて気付いたんですけど、
僕は湖川絵がすごく好きだったんだなと。
WMやオーラバトラーが好きな理由の大きな部分で
湖川さんの線で描かれた絵が影響しているなって思いました。
やっぱ描ける人の絵は違うな、、って改めて。


で、昨夜は仕事中に
ザブングルグラフィティと
TVザブの「うたえ!戦士の歌を」を流していました。
友人が前に録画してくれたDVD(感謝!)が
たまたまTV横から出て来たので(丁度見たかったこの2枚だけ!)。
何と言うタイミング。

トロンが出てくる「うたえ!戦士の歌を」では
これまたタイムリーにギャリアの

ランディングギア
2008_04140001.jpg


隠しノズルー
2008_04140002.jpg

2008_04140003.jpg

2008_04140004.jpg


など、模型に活かせカットが。
腰の赤丸をライトにしたい人は
是非下部にノズルを追加しよう。

んー、確かに起き上がるには
赤丸位置よりここにノズルがあった方がいいなあ。

[RSS] [Admin] [NewEntry]