1/20 チューブ1号ガルフカラー

1/20 チューブ1号ガルフカラー

1/20 チューブ1号ガルフカラー に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ガッシュ筆塗りのままですとこんな感じでムラムラです。
006_20100210232708.jpg

ラインテープを剥がします。
隙間にガッシュが流れ込んでます。
RIMG0011_20100210232707.jpg

けど汚し屋には関係ない。
スポンジやすりでダメージを意識しつつ塗面を整えていきます。
左が塗りっぱなし。右がヤスリ後。
RIMG0012_20100210232707.jpg

ラッカーで塗られた黒ライン上のガッシュは
塗膜が弱いので丁寧にこすれば剥がせます。
僕は黒ラインが剥がれた風に見えた方が嬉しいので
そのまま残しています。

ガッシュ面を磨くといい感じの艶になるんですが、
その上に油絵の具などで汚しを入れると
ガッシュ面が侵されて剥がれてしまうので、
ラッカーのフラットクリアー(僕はガイアノーツの物を使用)を
エアブラシでコートします。

このクリアーコートをすると、ガッシュの色味が変わります。
色によって沈んだり、浮き出たりとマチマチなので
あらかじめテストした方がいいでしょう。
今回は時間がなくテスト無しでやったので、
水色は沈み、オレンジは蛍光っぽさが増長され
想定していた物よりキツイ上がりになってしまいました。
毎度の失敗です。

この後の作業は画像を撮っていないのですが、

○フレームをガッシュで筆塗り
(水色などの面にはみ出しても、クリアーコートしてあるので
 軽く磨けば落とせます)
○デカール貼り付け→フラットクリアーコート
○シルバーなどの細部塗り
○油絵の具スミイレ

など。
タイムアップの為、ピグメントなどを使った砂やサビの表現は出来ていません。

デカールはフジミの1/24フォードGT40(69年ル・マン)から流用。
下地が艶消しだったのにマークソフター併用で綺麗に貼れました。
デカールの質が良いみたい。

最後にヘッドライトやウインカー、バックミラーを取り付け。
RIMG0013_20100210232706.jpg

ライト類はダイソーで買ったデコパーツ。
たくさん入ってるけど、フチが欠けている物も多いので
なるべく綺麗な物を選択。

ミラー面にはハセガワのミラーフィニッシュを貼り付け。
これいいですよ。
RIMG0014_20100210232805.jpg

出来ればポンチを使って綺麗に切り出してから
貼った方がいいと思います。
僕は大きめにカットした物を貼り付け、
デザインナイフで切り出したけど
フチがガタガタです。

そんな感じでイベント当日です。
RIMG0016s_20100210232705.jpg

サフを含めて2日塗り。
落ち着いたら追加工作&再撮影したいと思いますが、
例によっていつになるやら。

ガッシュを使った塗りは、カテゴリーから
マゼラアタック、HGUCアッガイ、チューブログのHow to build BEAMS CHUBU
などを見て頂ければより詳しくわかると思います。


今回販売しました1/20チューブは
市販の関節、レンズパーツ、ミラー&ウインカーの取り付けに真鍮線を
用意して頂ければ、このガルフカラー版と同じ外観になります。

細かな仕様が変わっていますが、
こちらの1/20チューブ1号組立説明をご覧頂けると
パイピング例などを含め、同梱マニュアル以上に色々と書いてありますので
ご参照頂ければと思います。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

WF間に合わせの為、完成はしていないのですが
一応メイキングをUPしておきます。

今回は仕事の合間の急ぎ作業だった事もあり、
レジンパーツに付着している離型剤(信越のペインタブルタイプ使用)の洗浄もせず
どんどんパーツを磨いて組み上げて行きました。
020_20100128222937.jpg

市販の関節パーツ(イエサブの球体ジョイントを主に使用)やネジを使用しつつ、
部位によっては瞬着で接着もしています。
(接着面にヤスリをあてる事で離型剤は落としています)
使用するジョイントによって、受け部分をエグるなどの調整をした方が
完成後のバランスが締まると思うので、
好みのバランスになるように頑張ってみて下さい。

その後バラして家庭用洗剤とクレンザーで洗浄。
乾燥後は串などに刺してクレオスのレジンプライマーサフェーサー(瓶入り)に黒を混ぜた物を
エアブラシにて塗装。
今回はこれくらい組んだ状態で塗っています。
004_20100205105559.jpg

このベース色が表面に出る黒ライン色になっています。
レトラセットの1mmテープを使用して
(昔居た会社で建築模型などを作る際によく使ってました)
ラインを残したい部分に貼っていきます。
001_20100210101609.jpg

太さも色々あっていいのですが、ノリが強めな気もするので
サフがレジンに食いついていないと剥がれる事があります。
綺麗に仕上げたい方はご注意を。

ライン部分にテープを貼ったら、アクリルガッシュで好みの色を調色し
(乾燥が早いので多めに作って瓶に保存しましょう)
タミヤアクリルシンナーで希釈して筆でムラムラ塗っていきます。
003_20100210102057.jpg

1層、2層ではこの程度の隠ぺい力。
001_20100206111724.jpg

結局5、6回は塗り重ねました。

オレンジ部分も同様に。
004_20100210102523.jpg

つづく

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。