MechatroCHUNK
FC2ブログ

MechatroCHUNK

MechatroCHUNK に関する記事です。
チャンクの初出しツイート、
予想を遥かに超えるRTやいいねを頂き
めちゃくちゃ嬉しいです。
皆さん有難うございます。

これから何回かに分けて
今回の商品説明をしたいと思います。
s_CH19.jpg

ワンフェスで販売する
メカトロチャンクのレジンキットには
A4両面カラーを2つ折りにしたマニュアルが付属します。

最低限ではありますが、使用する工具や
製作上の注意点を書きました。
mk_00.jpg

ですが、スペースに限りがあり
初心者の方には分かりづらい点もあると思うので、
ブログで補足したいと思います。
イベント前にこういった記事を書くのは
あらかじめ「作れるか?」の判断材料にして頂きたいからです。
せっかく買って頂いたのに「難しくて無理、、」
となったら残念ですからね。

まずはチャンクのパーツリストです。
mk_01.jpg

極力シンプルな構成にしました。
まずはパーツが不足していないか
確認をして下さい。
(出荷前に検品するのでほぼ大丈夫だと思います)
これ以外に精密ネジ2本が付属します。

レジンは量産時に離型剤という物が使用されています。
このままでは塗料や接着剤が弾かれて使用出来ません。
まずは洗浄しましょう。

専用の離型剤落としも販売されていますが、
僕はボールに台所用洗剤を少し入れ、
そこに熱いお湯を注ぎ、パーツを入れてしばらく放置。
数分後、歯ブラシにカネヨンやジフ等のクレンザーと
食器用洗剤を付けてゴシゴシ磨く方法をとっています。
mk_04.jpg

その後しっかり水で洗剤を流します。
食品用ではなく、専用のボールや網を用意しておくと便利です。
(100均でOK)

パーツリストの画像にある様に(赤い部分)、
レジンパーツにはゲートという不要な部分があります。
素材のレジンを型に流す際に出来る物です。
他に、上手くレジンを流す為に
シリコン型に三角状の切り込みを入れた箇所があるので
そういった本来必要の無い部分を
カッターやヤスリ等で除去する必要があります。

画像左の赤い三角部分がそれです。
mk_03.jpg

右はカッター等で除去した状態。
(ここは接合軸なので、カッターで何となく形を整える程度でOK.
 軸が細くならない様に注意)

全パーツのゲート処理を終えたら組み立てです。

全身はこういった構成になっています。
mk_02.jpg

関節は市販のジョイントをお買い求め下さい。
推奨する製品は、
イエローサブマリン「球体ジョイントミニ」です。
74509.jpg

グレー、黒など、複数色バリエーションありますので
お好みで選んで下さい。
この中から6mm球を主に使うのですが、
全関節に使用すると2個足りません。
その為、こちらの製品を2個ご購入頂くとベストです。
(スペアにもなるので安心)
他メーカーからも似た仕様の製品が出ていますので、
慣れている方はお好みの物をチョイスして下さい。

レジンのパーツをこの関節で繋ぎ
チャンクを組み立てていくのですが、
この関節の軸を刺す穴を開けなければいけません。
そこで必要になるのがピンバイスと呼ばれるドリルです。

次回はピンバイスを使った穴あけ加工に入ります。
s_CH20.jpg

つづく

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ワンフェス差し迫って参りました。

2011年夏に「ウィーゴ」を発表して以来、
何と6年ぶり(気絶)に新ロボ作りました。

メカトロチャンク です。

s_CH01.jpg

ゴツい系です。
実はある流れた企画用にデザインしていたのですが、
埋もれさせるくらいなら立体にしちゃえと
急遽作った次第です。

s_CH02_03.jpg

ウィーゴやチューブ1号との兼ね合いを
どうするか悩んだのですが、
設定に関係なく自由に遊んでくれている
皆さんを見ていると、あまり拘らなくていいのかなと。
なのでメカトロ中部ファミリーにしておきます。

設定するとしたら、

「求人率減少に悩む建機メーカーからの依頼で
メカトロ中部が開発した大人用メカトロボット。
各種アタッチメントの交換であらゆる現場で活躍します。」


といった感じです。

で、ガレージキットの内容ですが、
RCベルグさんに量産をお願いしました。
全36パーツ+市販の球体ジョイント使用で完成する
可動キットになっています。
今回はウィーゴのガレキと違って、
コストを抑える為に単色成形です。
「ホワイト」(正確にはアイボリー)と
「グレー」(画像の物)の2種あります。
パッケージはこちら。
CHUNK_pac_samp.png

35ウィーゴとのサイズ比はこんな感じ。
s_CH04.jpg

あまりスケール意識していないので、
チャンクは35でも48でも、好きに解釈して頂ければと。

胸部ハッチは付属の極小ネジ2本を使い、開閉可能です。
今回は中身がありませんので宝物でもしまって下さい。
s_CH05_07.jpg

ウォーク&膝パン(無理矢理)。
ジョイントのお陰で割と動きます。
s_CH08_11.jpg

バランスはウィーゴより大分良いので立たせやすいです。
s_CH12.jpg

変わったギミックとしては、パンツ?をぐっと持ち上げる事で
足を水平近くまで前に出す事が可能と。
s_CH09_10.jpg

あと、設計が悪くて(すみません、、)
可動を活かすのが難しいかもですが、
目が上下に動くので表情に変化出せます。
s_CH13_16.jpg

と言った感じのロボットでございます。
組んでみて設計イマイチだったな、、と感じる所が幾つかあるのが
心苦しくはありますが、
(塗装される方は色ハゲ防止の為に予め
干渉しそうな所を削ってもらった方が良いです)
画像の様に組む分には、それほど難しくないと思います。

・ニッパー ・カッター ・ピンバイス各種 ・市販の球体ジョイント
・瞬間接着剤 ・ヤスリ各種 をご用意下さい。
マニュアルにも必要な道具等記述していますが、
ワンフェスまでにまたブログでご紹介出来ればと思います。

といった感じで!

「メカトロチャンク」 6.000円(予)

よろしくお願いします!
ワンフェスまでに塗装した完成品も
公開しますので!


ぬり絵置いときますんで、皆さん是非。
#CHUBU_mecha #メカトロチャンク #メカトロウィーゴの
ハッシュタグを付けてツイートしてもらえると嬉しいです。
CH_nurie.png

[RSS] [Admin] [NewEntry]