2009年01月

2009年01月

2009年01月 に関する記事です。
特捜ベッケン刑事こと、グレイクレイのマナベさんから情報メールを頂きました。

何でも先日放送された極楽・加藤浩次さんのラジオ番組
「チューブ1号」の話が出ていたそうです。
おーっ!

チューブの名前は出てこなかったそうですが、
「ビームスの上で」「ロボット」「全体が水色で汚しが」「腰の辺りから車の運転席みたいな」
といったキーワードから、
間違いなくチューブの話だったとの事。

毎度なんも展開を予想せずに過ごしているので
(あ、作品展開は考えています)
今回もまた驚きました。
いや、でもラジオは考えつかないな、やはり。

有難い事です。
加藤さん、是非「加藤工務店」仕様で1台如何でしょうか?
こんな感じで。
s2008_05270012.jpg

納車後には「がっちりマンデー!!」か「スッキリ!!」のセットに是非とも飾って頂きたいです。

でもめちゃイケには持って行かないで欲しい。
夏のお台場でラクガキされたり、シャワーヘッドにされたりするチューブの絵が浮かびます。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

去年の終わり頃に

「もう玩具買わない」

と言ってみたんですが。
玩具作る仕事してて何言ってんだって話です。

同じ趣味の人と比べてどうかと言えば
そんなには買ってないと思いますが、
ほんとにもう置き場がありません。
整理整頓が苦手という事も手伝って
とっ散らかってる分余計にそう見えるのかもしれないです。

でも
「今年はもう買わない」
って言ったって無理なのは分かりきってます。
じゃあせめて
「1月は買わない」
くらいなら何とかクリアー出来るんじゃないか。

そう思った時期が僕にもありました。
時は流れて1月も終わりに。

結果


惨敗。


amazonは何だか半額近いの多いし、
模型屋さんは閉店セールで50%、80%オフとかやっちゃうし、、
ザラスでもボトムズ、ライダーが半額だったもんなあ(半額の半額などもあり)。
自分の職業柄、単純に喜んでいられない状況なんですが、
難しい問題だなと思います。
単価が高い商品になる程、買い手がより安く買いたがるのは自然ですしね、、。


自分が去年安売り待たずに買った物は

1/100 ウォーカーギャリア
1/100 再販ガラバゴス、ダッガー、カプリコ
1/20 フェラーリ126CK、641/2、312T2

など。
元々思い入れのあるアイテムはあまり躊躇せずに買っています。


自分もそう思って頂けるアイテムを生み出して行きたいもんです。


と、
無理矢理いい話に持って行こうとしてみた。

「我慢出来ないただの玩具好きだろ」
と言われれば、強く否定できませんー。
2月は頑張るぞ!(←まだ言う)


[RSS] [Admin] [NewEntry]

久々にモデルカーズを買ってきました。


1/24で3輪スクラッチ4連発!
仕上げ的におおらかな部分もありますが
カーモデルだからといってあんまり神経質になるより
楽しそうで僕は好きです。

3輪の歴史がわかりやすく書かれた記事や、
2009_01280003.jpg

9ページ使って3輪カタログ集も掲載。
2009_01280004.jpg

この手のカタログを集めた本は何冊か持っているので
多分見た事あると思うのですが、
言葉使いが現在と違うこともあり
いつ見ても新鮮な感動を受けます。
2009_01280005.jpg

「超」ってこんな時代から使ってたんだ。
2009_01280006.jpg

[RSS] [Admin] [NewEntry]

チューブログ更新です。
今回は細部の補足を少々。

風邪ひきました。
喉がとても痛いです。
作業には差し支えない症状ですが
悪化させないように気をつけまする。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Content of product
2009_01260005.jpg

* 4 color resin parts.
* Clear resin parts.
* Metal parts
* Seal for license-plate and speedometer
2009_01260006.jpg

* Assembling instructions.
2009_01260008.jpg

2009_01260007.jpg

The CHUBU 01 development background story is written in assembling instructions.
2009_01260009.jpg

This resin kit is mass-produced by RC BERG LTD.

It is only sales in the Tokyo Cultuart by BEAMS store now.
Sales to foreign countries are being examined.


と、無理矢理な英訳説明もこれで一区切りかなと。

今回の思いがけない展開を受け、
次はこうしようと考えを固めていた新作も
再考し始めています。
とにかく夏に必ず新作を完成させられるように頑張ります。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

朝7時過ぎ。
目覚めた時にはすごくいい天気だったんですが、
昼前に車を出したら急に雪が降り出してビビりました。
積もらなかったけど大きめのがフワフワと。
何年か前に、こんな感じで一気に積もって、
徒歩30分の距離から車で帰って来れなくなった事があったので、
本屋で模型誌買って急いで帰ってきました。

この所チューブ話ばかりでしたので
今日は最近気になったあれこれ雑記。

クレラップ娘の成長。
kaera.jpg
知らずにCM見てて
うわ!カエラ!?ってビビりました。

今朝何気に「ブランチ」見てたらここにもカエラ登場。
MGゲルググをプレゼントされて
「ドムが好き」
って言ってました。
ファンは送れ。

あと知らないうちにトドクロちゃんに子供(?)がー。
トドクロ
前から流れてたCMに後乗せ合成。
サッカーしてるシーンの奥に黒い球が走ってて「ええ!?」ってビビッた。
いつから?
こういう仕事大好きです。

まあ何と言うか、
ぼーっと見てるCMでそんなに驚くなって話です。

あとチャットモンチ-表紙のJAPANで知った事。
今度出るアディダスのコンピCDで

卓球がチャットのシャングリラをリミックスしてるそうです。
聞きたい。
ituneで単品売りして欲しい。

最後はもう初見でひっくり返ったルノーの新車。
ルノー2009
ここまでカッコワルイと逆に応援したくなります。
いや、既にもうカッコよく見えてきてます(ないだろ)。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

About the Automated Walking Machine (Mechatrobot)

The automated walking machine, developed in 1920 in post-WWI Europe, was named the "Mechatrobot" by its French inventor Claude Butor.
It was expected to be the next major land vehicle that would succeed the locomotive and the automobile, but due to the difficulty of its mass-production, it was far from achieving the status of a popular commodity.

During the Second World War, machine manufacturers from around the globe dove into Mechatrobot development.
It was valued for its versatility, being able to enter land that was inaccessible to wheeled vehicles, and to exert as much power as a locomotive.
Its frame was enlarged for military and civil engineering purposes.
The technological developments achieved during the years of the war led to great advances in the Mechatrobot’s manufacturability and versatility.

In the late 1940s, a booming automobile industry entered into the production of Mechatrobots. They were beginning to be acknowledged as general-purpose machines, and rapidly proliferated into society, used in common ventures such as agriculture and architecture.

About "CHUBU 01"

081128A2.jpg

In the 1930s, Mechatrobots had been imported into Japan.
However, the machine did not achieve popularity, because its large size was seen as unfit for Japanese terrain.
In 1950, a machinery manufacturer announced that they were developing a Lightweight Mechatrobot, designed specifically for the Japanese market.
After seven years of numerous trials and errors, a highly unique and revolutionary machine was born.
The most astonishing innovation was the considerable miniaturization that had been achieved.
Until then, it was common practice to install a full climb-in type cockpit, but the cockpit of this new model was exposed, allowing the driver to casually straddle the machine like a motorcycle.
Engineers from both within Japan and overseas gave the machine high praise, as a pioneer of the new possibilities of the Mechatrobot.
It was the first ever domestically manufactured Lightweight Mechatrobot Model 1, otherwise known as "CHUBU 01", developed by the "CHUBU MECHATRONICS" Company.

081128B.jpg


この文章は1/12キットのマニュアルに掲載しているチューブ解説の一部です。
過去にブログやWFLOG、MFLOG誌に日本語で掲載されていた文章を
再構成した物になっています。
               *
ついにチューブがギズモード(ここは知ってる!)にも取り上げられました。
日本じゃなくてアメリカオーストラリアスペイン(?)で確認。

「遠くに行ってしまった気がします」と言われましたが、
そんな事はありません。
東京都下に居ます。
変わらず仕事で引き篭もりのままです。
最近一番ハマっている物は
100均一のラムネです。
いつも心にモグリズム。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日少しググッってみただけで、
海外の20サイトくらいでチューブを見かけました。
boingboingは本当に有名なサイトだったのねー。
チェブラーシカの国っぽい文字のサイトまでありました。

せっかくなのでもう少し宣伝しておきます。
「パワーアーム装備」はまともな画像をUPしていなかったので
少しだけ撮り足しました。
でももう初代はあちこち壊れていますので、
誤魔化しつつのイマイチ写真です。

1/12scale CHUBU 01 + POWER ARM UNIT
DSC_0004b.jpg

Transformable Carrier
DSC_0009b.jpg
Strange is used according to the scene.

It is possible to move forward.
DSC_0010b.jpg

Power Arm
DSC_0020b.jpg
The box of a right shoulder is a large-scale battery for the Power Arm unit.

This battery holds the counter weight of the left arm concurrently.
DSC_0028b.jpg

This model was produced in February, 2007.
DSC_0040b.jpg
It produced it in a short term for the exhibition.
Therefore, the quality is low....

This model is published in the book on "TOYS11" and "WFLOG28".

[RSS] [Admin] [NewEntry]

モグラも海を渡りました。
chubu_ame4.jpg
GAMERS WEB

今回チューブを広めてくれたFrankieさんのブログです。
画面右上のキャラは、、
アレックスキッド??
濃すぎます。
メールのやり取りの中で
YUJINさんのシューティングヒストリカ話をしてみたら
完全に通じてました。
本物です。

お陰様で過去最大HIT数をマークしました。
有難い事です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先日受け取ってきたサンダーロードによる
1/12「メカトロのおやじさん」原型です。
s2009_01200012.jpg
ビームス・チューブに合わせて作って頂きました。
例によってこの恩は仕事で返す事になっています。

3/1のホビコンGKにて少数販売予定です。

帽子は脱着式。
s2009_01200014.jpg

現在杖代わりにしているバールは仮の物です。
何か別の工具に作り直します。

頭だけは軸を刺す事で回転可能です。
s2009_01200010.jpg

帽子、頭、上半身、下半身、手首、工具 の6パーツ構成になります。

金額は未定です。
イベント後に通販も予定していますのでよろしくです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Thank you for coming to see "Chubu 01".
s2008_12150010_20090119115521.jpg

The image of "1/12 resin cast kit Chubu 01" is here.
How to make this model : here.

There is a variation of other "Chubu 01".
Referring to the image below.
chubu_navi.jpg


2007_06090011.jpg

When it is possible to enjoy it,I am glad.

* 翻訳ソフトによる困った英訳だと思うので、
  日本人は読まないように!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日、今日とアクセス数が通常の3倍どころではありません。
何で?と思っていたら1通のメールを頂き、理由が判明。

イタリアのホビーサイトで「チューブ1号」を取り上げて頂きました。
(Thank you Francesco !!)

「HOBBYMEDIA.IT」というサイトです。
chubu_italy.jpg

安全だと思いますが、海外のサイトですので閲覧は自己責任でお願いします。
こちらからどうぞ。


あとアメリカの「boingboing」というサイトにも。
(名称にかなりの不安を感じますが、かっちょいいガジェット系サイトみたいです。
 「America Numebr one blog dayo!」と教えてもらいました。ほんと?)
chubu_ame.jpg
こちらから。
コメント欄は9割「下ネタかよ!」ですけど。


「GEEKALERTS」というサイトにも。
chubu_ame2.jpg
こちらはすっきりオシャレに。


最後にこちらは「I am jeriko」というサイト。
何処でしょうか?ドイツんだ?オランだ?
chubu_ame3.jpg


という訳で、「チューブ1号・世界を廻る」の巻でした。
ありがたい事です。
例え酷評されていたとしても、表に出る事が重要。
メリットしか感じていません。

いやー、ビックリした。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨夜チューブログ更新しました。
アクリルガッシュ塗り解説です。

その作業をしてた頃の1枚。

「オレはマウスじゃありませんよ。」
s2008_12130012.jpg

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日はサンダーロード宅にお邪魔していました。
修正して頂いた「メカトロのおやじさん」を受け取りに。
いつもの事ながら長居してしまい、帰路についたのは深夜でした。

車を走らせていると、左斜線にパトカーが見えます。
制限速度で走っていると、前を走っていた車がパトカーを抜かしていきました。
アホだなー、気付いてないんかなー、捕まるなー
と見ていたのですが、パトカーは車を追いかけずに
何故か速度を緩めました。
「?」と思いながら僕も抜かして行ったら

ウイーイーン「○○の車ー。左に寄ってくださーい。」

え?
お、俺!?
制限速度だったよ?何でーーー!?

停車して「はい??」と聞くと

「すみませんね。ライトが切れてますんで。」

がーん。
テールランプ球切れーーー。

「一応免許証を確認させてもらえますか。

はいー。3連続ゴールド免許ですー、、。

「あとすみませんが、最近色々事件がありますので、
 車の中の確認もさせて頂けますか。」

何だか怪しまれてるーー。
あると思います。
いや、ないと思います。

「その袋は?」

玩具です。

結局車内を軽く見渡しただけで、まあそんなに調べられはしませんでしたが。
すんません、ちゃんと車整備します。


ちなみにその時持っていた玩具は
2009_01170004.jpg
地球征服兵器。
ある意味危険物。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨年
toyota_nose.jpg
今年
toyo_nose.jpg
(注・無加工)

志村!鼻の下!!

今年の車は皆こんな感じになるんだな。
ストレッチパワーを貯めるしかないっす。

今年はFニッポンのシャシーの方が変化激しそうです。
リンク先の画像ではカーボン地のせいもあって、
89年バットマンのバットモービル風にもちょっと見えたりして。
似てないけどヒラッとした部分の処理がほら。
インダクションポッドを排したのが新鮮。
でもロールバー前の5つのライトは何なんだろう、、。
オートスポーツに載ってた写真では走行中に左端だけ赤く光ってましたが。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

批判的な記事は書かない事にしているんですが、
今回は珍しく文句タレです。

久々にオートスポーツを買いました。
2009_01150005.jpg
(この本、amazonで扱ってないんすね)

理由は
2009_01150006.jpg
世界の敵・ニックフライ記事。

書いてるのは今宮・奥さん。
僕はこの方の記事が結構好きなのですが、
今回大分辛辣です。
「立派な悪人である」
で締めちゃってます。
2009_01150003.jpg

ニックフライを擁護する人って1人でも居るの???ってくらい
ゼロどころかマイナス結果しか残せなかった人物。
何故責任問われず、代表ポジションにとどまれているのかは
F1界最大級のミステリー。

今回僕は初めて知った事実が書かれてました。

ホンダF1での「アースドリーム」プロジェクト。
こいつが仕掛けてたのかーーっ!!!
知らなかった。
この本の表紙にもなってるダッセー車の原因は奴だったのか、、。

各スポンサーからの出資が運営資金の大きな部分を占めているF1界で、
スポンサーロゴを一切排するという暴挙(お金もらっててもステッカー貼らない)。
曰く
「スポンサーは理解してくれている」
といったコメントを出していて、しかも好評だとか言ってましたが、
じゃあこの時のホンダのスポンサー名を挙げられる人が居るか?って言えば
恐らく関係者しかいないんじゃないんですかね。
スポンサー効果ほぼゼロです。

環境保護は大事だと思いますけど、
どーしたって
「お前が言うな」
ってなるじゃないすか。
モータースポーツでそんな事言っても逆効果だろ?何言い出すんだ、、
と思っていたんですが。
そうか。奴だったのか。

そして急遽F1撤退を発表したホンダは
無料で施設や機材を引き継いでくれる相手を募集。
それでもニックは代表のまま、金出してくれる相手を探し続けているという。

なんで何の功績も無いこんなおっさん1人に
ホンダが振り回されなければいけなかったのか。
何か理由があるんでしょうけど。
大人の世界は怖いっす。

真相は当事者しかわかりませんけど
この人に関してはもう散々言われ続けてるし、
結果が全てとして考えれば、今回の記事に
そんなに間違いも無いだろうと思います。


あと話は全然変わりますが、
GT300は痛車がチャンプだったのねー。
2009_01150004.jpg
GT選手権、全然興味ないので知りませんでした。
最終戦だけ「リン・レン」スポンサー付いたそうで。
すげーな。
次ぎはANAとかで飛んじゃったりして。
フィギュア売ってるくらいだから全然有り得るな。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

間が空いてすみません。
チューブログ更新です。

汚れ版チューブの解説に入っています。
いい事書いてるのでご一読を。


何故か足の甲が冷えて仕方がありません。
ちょこちょこホットカーペットの上で正座してるんすけどね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

特派員から情報を頂きました。

現在発売中のオシャレ本POPEYE。


この本のP64に、トーキョーカルチャート記事が少しだけ出ています。
白黒ページの1/6くらいの面積だったと思いますが、
チューブ1号が載っていますので
是非立ち読みして下さいませ。
買う程の扱いではありません。
そのお金は1/12チューブ購入貯金に回して下さい!(遠いな、、)
「ニンテンドー64、64ページ」
と覚えて本屋にGO。


後、全く関係無いんですけど、
秋葉原のショップ看板だそうです。
TH393

「メカトロ」にこういうフォントを使うってのは、
やっぱどことなく古めかしい印象があるからなんですかね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日、月曜と一歩も外に出なかった者です。
PC前に座りすぎで体バキバキです。
整体コースかもしれまへん。

さて、2009F1。
フェラーリ新車が発表されました。
F60_01.jpg

もっと太車になるのかと思っていたのですが

去年までとあんまり変わらない?
F60_02.jpg

ウイングステー、細!
近年少し接触してもそのまま走り続ける車が目に付きましたが
これは一発アウトだろうな。
F60_03.jpg

リアウイング高!
F60_04.jpg
フロントウイング低!
こりゃコースアウト一発でフロントウイング脱落だな。
いや、縁石乗り上げでも危なくないか?

タイヤ幅広くなるって聞いた気がするけど
あまり印象が変わってないような、、。

まーそのー、
今年は大きく形状変わるって話だったけど、
ただアンバランスになっただけで、
92年→93年(だっけか)のナロートレッド&ナロータイヤ化の時のような
車のストレンジさが目立つシーズンになりそうですね。

レース自体は車がボロボロ壊れて
順位変動が大きくなったりして。
実はそれが狙いなのか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日は仕事仲間に誘われて
グルーヴィジョンのフリマに行って来ました。
HPのTOP画像がねずみ色ウサギなので
勝手に親近感を持っております。
うちのねずみ色っ子は大分ふてぶてしくなってきましたが。
2009_01100003.jpg

そのフリマの行われた場所近辺が

「油面商店街」

「あぶらづら??ゆめん??何て読むんすかね?」
と話していたんですが、まさかの

ST330210_20090110215107.jpg
アブラメーン。

初めて聞いた。
由来が知りたい方はこちらで → 油面
油面地蔵が実在するのかどうかまでは調べていません。

せっかくなんで原宿にも、となって、
もう1人ヤング・オシャレッティも加わり
トーキョーカルチャートにも行って来ました。
ドキッ!男だらけの原宿散歩です。

その他何件か店を見て回った結果。

◎本日の惚れてまうやろーっ!

ST330212.jpg

ラフォーレ内の店で売られていた服。
タグ見たら「バンザイタヌキ」って書かれてました。

何、この釘付け感。
こんな服着てる人が居たら
完全に目が離せなくなるぞ。
気をつけなはれやっ!!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

さあ、皆さん。
2009年もいよいよモデリズム・DVDアワード、大賞作品発表の季節です。

そんなもん聞いた事無いし、1月から何言ってんだと呆れ顔の皆様。
じゃあ正確には去年発売された物なので、2008年大賞でもいいす。
でも早くも今年見る物の中で、必ず3本の指に入るであろう作品なのは確実。
ま、No.1だと思いますけど。

では上映開始です!!


1960年代?の鈴鹿上空!?
無数の黒い物が、
cap063.jpg

それはスーパーカブ!
cap064.jpg

決して中国では無い!
cap067.jpg

急に被写体が変わり、
cap068.jpg

ボカーン!スパークピストン!
cap070.jpg

もはや完全に仮面ライダー!!
cap073.jpg

そしてボカーン!!
cap075.jpg

ギュオオオーーン!!
cap077.jpg

This is HONDA !!!!!!!
cap071.jpg

1962年に撮影された本田技研工業(株)の会社案内映画だ!!!
cap072.jpg

トータル34分。
見所しかありません。

バックで流れる音楽や映し出される映像は
ウルトラチックな完全特撮映画の作り。
しかしウルトラマンが1966年、
仮面ライダーが1971年からと考えると、、
意外と僕らの知ってる特撮映画的な絵作りというのは、
実は当時のリアルなドキュメンタリー映像自体が
ああいう感じだったのか??と思わされるような衝撃を受けます。
ゴジラが1954年なので、そっちの影響はあるのかもしれませんが。

本編は

レッドバロン的な
cap080.jpg

製鉄から始まり
cap081.jpg

タイヤも作るよ
cap082.jpg

プラグも作るよ(こういうのも自製だったの??)
cap083.jpg

色も作っちゃうよ
cap084.jpg

工場萌えちゃうからねー
cap085.jpg

ヤング宗一郎・本田も登場
cap086.jpg

ここまでで6分半。
まー、特濃です。
スペシャル過ぎです。

こんな感じでスーパーカブ1台を作る過程を見せつつ、
ホンダの施設も紹介しつつの映像です。

これは何かと言うと
この本の付録DVDです。


F1モデリングの編集後記でお薦めとあったので買って見ました。
ド当りです。

ただ、本の方は、、、400Pくらいあるのに
オールモノクロ!!
しかも内容は
スーパーカブファンの思い出話、、、!!!
関係者のはいいんすが、一ファンの徒然インタビューは正直興味無い、、。
同時期に出てるスーパーカブ本の方が圧倒的に資料性高いと思います。

でもこのDVDに6000円くらいの価値は確実にある。
内容見た上で、購入しないと絶対見られないと言われたら、
1万出しても買ってたかもしれません。
この年代の工場内資料とかが欲しい人には
最上級クラスの物だと思います。
白黒のわかりにくい写真じゃなく、美麗映像で
「ほんとにこの時代にここまで??」
と思わせられるある意味未来チックな光景はほんとにショッキングでした。

ここまでの文と画像を見て
大分見たくなった人は買っても損なしと断言します。
余程知識ある人はこの日記見ても反応しないと思うし。
細かく製作工程が解説されてる訳では無く、
工場見学的な大雑把な解説ですが、
見せ方がほんとに素晴らしいです。
当時子供でこの映像見てたら
「オレ、大きくなったらホンダで働く!」
と言ってたであろう度100。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日はすごぶる雑記です。

東京は「雪降るぞー!」とTVで散々警告されていたので
山に近いウチは絶対積もるなと覚悟を決めていたのですが、
起きたらただの雨でした。

先日LAN接続したHDDレコに見慣れないメニュー表示があったので
クリックしたら
2009_01090001.jpg

なんだかアニメに偏った情報が、、。
試しにボトムズクリックしたら3分程のダウンロードが始まり
予告編がHDDに保存されました。
完全に未来から取り残されてるー。
最新AV機器関連、調べるともっと驚く事あるんだろうな。


そのHDDレコの番組表に「鉄道模型」と表示されていた番組を
昨日初めて見ました。
2009_01090004.jpg

TV東京。
CSフジのプラモつくろう!みたいな
鉄道模型製作真面目構成番組でした。
途中から見たのですが、昨日は何と牛久保孝一さんが!
僕ら世代だとZガンダム時期のモデルグラフィックス誌での活躍が
思い出されます。金属マテリアル多用の変型サイコガンダムとか。
調べるとBSジャパンで放送されていた
「鉄道模型ちゃんねる」という番組のベストセレクションという事らしいです。


随分前から底冷えがするのでホットカーペットを敷こうと思いつつ、
大掃除も全く出来ないまま年を越してしまったのですが、
先日少しだけ掃除をしてカーペットを敷きました。
今リビング的な部屋はウサギーノ中心の生活ですので、
そこに新しい物を配置するとすぐかじられてしまいます。
なのでかじられても平気そうな、あまり塗料の使われていない木製品や、
なるべく食べそうに無い毛足?の短いラグなど、
色々考慮しないと物も買えません。
それに追加して年に数回はコーヒーをぶちまける習性のある人も居ますし。
あ、オレか。

そんなこんなで本格的に汚れているラグの買い替えもなかなか難しく。
今回は大分前に買ってあった、ただの緑布をラグに被せてみました。
s2009_01090002.jpg
↑やっぱり引っ掻き始めたけど、すぐ注意されてふてくされてる図。

ああ、これなら爪もひっかかりにくいし
毛やゴミも取りやすそうだな。
なんだ。これでいいや。
ヴィレッジバンガードで千円くらいの物。
すげー薬品臭いので使う前の洗濯は必須です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

やっとこれも見ました。

マッハGO!GO!GO! こと スピード・レーサー。



劇場に行けなかったけど、世間的には評判イマイチ?みたいな事を聞いていましたが。

何これ?

100点なんですけど。

皆、何に期待して見に行ったんだYO!


まあでもCGバリバリの見た目に拒否反応出てる人は
見ても無理だと思います。
リアルCG至上主義の方はご遠慮ください。

後は残虐シーンが出てくれば大人向き映画と思ってるような類の人も。


原作アニメ好きな人には相当ニヤリな作りになっているそうですが、
僕は残念ながら原作の記憶がほとんどありません。
それでも相当笑い泣き出来ました。
恐ろしく丁寧な作りこみに感激。

車の挙動には僕も最初ひっかかりましたが
最終的にはこれでよかったと思います。
表現的に何を優先するかを考えた上での
グリップ感ゼロ走法なのかなと。

万人にはお薦めしませんけど、
僕は近々DVD買います。
マイ殿堂入りです。
劇場で見たかったな、、。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

ポルシェが飛んだ!!

という言葉にピンと来た方は
記憶のいいスーパーカー世代くらいだと思われます。

「すげー!ポルシェ飛ぶんだ!見たい!!」
と、ス-パーカーキッズだった僕が
当時親にせがんで連れて行ってもらった映画が

「マッハ78」
2009_01070001.jpg

昨年サンダーロードがDVD入手したのを知り、
借りてきた物を先日見ました。

ネット初めてから何度も検索した事があるのですが、
ほとんど情報も出てこなかった映画で。
内容もほぼ記憶に無く、最後に橋か何かから
海をまたごうとポルシェが飛んだんだっけか?くらいしか
覚えていませんでした。
それがいつの間にかソフト化。

DVDイン!
マッハ78GO!!

と再生。

OPでいきなりサーキットを名車が走る映像が流れてきて
テンションアップ。
やべー!ちょー楽しそうだよーー!!


5分後寝てました。


え?何?
どういう話?
興味が持続しない、、何だこれ、、、
と、脳が全く記憶に残そうとしないレベルの映像がダラダラ流れていくのですが、
すげー頑張って把握出来たストーリーは、

どうやらアメリカと日本のスタントチームが
どっちがスゲーか勝負するっていう内容のようです。
でも舞台は街角の広い空き地、客の居ないサーキットが主。
静かな火花が散る、低温バトルが延々と続くのです。

バトルの度に点数が加算されていくのですが、
その点数の基準もよくわからん。
その中でも分かりやすかったのは
2009_01050003.jpg

全速で走ってきて、急にハンドルを切り
2009_01050004.jpg

横転した回数で勝負をつけるウルトラ・キャノンロール。
2009_01050006.jpg

ああ、結構単純な採点方法なのかと思いきや、

ドライバーと車にオイルを塗り始めました。
2009_01050008.jpg

壁に火を点けます。
2009_01050009.jpg

そこに突っ込み大炎上。
2009_01050013.jpg

事故だろ!!
2009_01050015.jpg

って思ったら、この後ドライバーは「ヤッター!」と腕を上下させながら
嬉しそうに走ってました。
腕などに大火傷負ったというナレーション入ってましたけど。

、、だからこれ、どうやって採点すんだよ!
アメリカチームしかやってないし。

まあこんなのが延々続く映画です。
面白そうと思ったあなた。
絶対「騙された!」ってなりますぜ。

合間合間に学芸会みたいなドラマが入るんですが、
そこがまたキツイ。
でも一瞬「おお!」って思ったのが

ヒロインが100%実写版セイラさん。
2009_01050001.jpg

前から見たら全然違うけどなー。


↑amazonの大げさな作品紹介が笑えます。
 この内容を信じて買ったら泣くぞ。

それでも当時のスーパーカーキッズは見るしかない。
スーパーカーほとんど出てこないけどなー。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

さて、今日から仕事初めの方も多いと思われます。
僕はフリーですから、祝祭日もほぼ関係なく過ごしている訳ですが、
それでも祝日がある週は、不思議と曜日感覚がおかしくなり
通常の週とは明らかにペースが狂ってしまう事が多々あります。

この正月期間も特に疲れる事をしていないのに
体がガチガチに凝ってしまっていて困ってます。
そして今、カレンダーは全然関係無いのに「今日から仕事初めー!」と、
昨日までよりやる気が出て来ております。
まあ、単純というか、めんどくさい体質というか。

とにかく2009年スタートです。
1/1には例の場所をチェックしてみました。
2009_01010009.jpg

正月バージョンになってる!
素晴らしい。
これ作ってる人、絶対仕事出来る。

ウサギ娘の名前も判明。
2009_01010010.jpg

そんな2009年。
実は僕がこの業界に入って、20周年イヤーのようです。
特別な契約やライセンスも無いので
境界線としては言ったもん勝ちという感じですが、
読者投稿ではなく、模型誌作例をやらせて頂いた最初が
89年のホビージャパン誌です。
2009_01010007.jpg

当時「ホビージャパンフェスティバル」という名称のイベントが夏に行われており、
そこで行われていたプラモコンテストには合計4回出品しました。
高1、高3は大阪のイベントに。
専門学校1、2年は東京のイベントに。
結果全部落選!
けど、4年目の作品返却時に当時HJ誌の佐藤編集長(現・電撃ホビーマガジン編集長)に
「ライターやってみる?」
と声をかけて頂き、
是非!よろしくお願いします!!と即答。
その後数日で一体ガンプラ(0080の1/144FZザク)を完成させて編集部に持ち込み、
その場で
「イングラム作ってみる?」
と、当時新製品であった1/72のパトレイバー主役機を作らせて頂く事になりまして。
(大英断というか、物凄いギャンブルするなって当時も驚きました。
 発注しても締め切り守る確証無い、どこのウマの骨?状態だった訳ですし。)

結果
2009_01010008.jpg
この11月号でいきなり表紙に使って頂けると言うあり得ない展開に。
本当に嬉しかったです。
当時は今より全然社交性も無かったので、
上手くお礼も言えなかったように思えますが、
改めて本当に感謝の気持ちで一杯です。
ここから今に至っている訳ですから。

HJ誌でのライター活動は2年くらいだったと思うのですが、
その後は展示、撮影用模型製作会社に勤務しました。
そして3DCG会社に転職、CG&模型もやる会社に転職を経て
現在のフリーになりました。

個人名はあまり出ていない時期にも、毎年1回は模型誌や
TV・映画等の映像など、表に出る仕事は継続してやってこれました。
CG期間も含めて娯楽産業?とカウントさせて頂くと20周年という事で。

振り返れば要所要所で色んな方に運良く拾い上げてもらってきたなと思います。
昨日もたまたまサンダーロードとそんな話になったのですが、
自分の凡才さに気付けた事が非情に大きなターニングポイントになったと思います。

実際この世には「天才」と称するしかないなって人が存在します。
それはもう明らかに違う人種なんですよね。
その人と対抗しなきゃいけない場面になるならば、
自分なりの武器を見につけるか、
天才の数倍手を動かすしか無いと思います。

僕はここで「じゃあ自分はどうしよう」って考えられた事で
それまでとは違った視点で物を見られる様になりました。

結果的に見てもらっている方々にどう映っているか、
自分の伝えようとしている事が伝わっているのか、
それが正しいのか、間違っているのか等は
時間が経たないと自分でも分からないと思います。
それでもその時々で考えて行動していく事が大事だと思っています。
考えてるだけじゃ駄目で、「行動」がキーです。

こういう仕事をしている以上、
特に同じ業界の作品などに対して
批判するだけの人にならない様に注意したいと思います。
批判される物であっても、作ってるだけいいと思います。
自分が出来ない事がやれている人には
何かしらの理由がある訳ですし。
意見があるなら形で物を言って行きたいなと。
となると年に何回あるかわからないですけどね。
出来るだけ頑張ります。すげー頑張ります。


冒頭で休むと調子狂うって言ってますからね。
もう完全にワーカホリックですから。
それならそれでいいと思います。
基本的に作ってるという日常で。

さあ、2009年頑張って行きましょう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

新年早々、TOKYO CULTUARTに行って来ました。
OPENしてから行くのは初めてです。

当初と少しだけレイアウトが変わっていて、
以前チューブは店内左手に2体並んでいたのですが、
汚れチューブの方は
sDSC_0019.jpg

店の右側のMacテーブルに移動されていました。
共にアクリルケースが被されていますが、
汚れの方は以前より低く見やすい位置に配されています。
初詣、初売りに原宿・青山方面に行かれる方は是非覗いてやってくださいませー。

店内の様子はこちらのサイトで少し見られます。
画像小さいですけど。
チューブ移動前ですね。

sDSC_0041.jpg

しかし明治神宮の参拝客のおかげで
青山通りは物凄い人の群れでした。
流石日本一の初詣スポット(確か)。
ちなみに参拝はしておりません(えー?!)。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

新年早々後を向く男。

去年の原型仕事はついにメカオンリーでした。
「かわいい物がやりたいす」
と言い続けてきたのに。

メカはやはり手がかかりますし、
夏以降は1/12チューブの製品化作業でほとんど潰れた感もあり、
仕事の本数も少なめに。
完成品も少なめに。

仕事原型以外の完成品は

チューブ
2008_05270009.jpg

チューブ
2008_11270009.jpg

チュ-ブ
sDSC_0010.jpg

おわり。

なんてこった。

あれ?
でもその前の年も

チューブ
2007_06090011.jpg

チューブ
2007_08180029.jpg

チューブ
2007_12020004s.jpg


パっと見1年に1回腕変えとるだけやないかーい。

あ、でもガンプラを2体  作ってました。

電撃作例と
2007_04250046.jpg

趣味と。
2007_05240027.jpg

やっぱ去年、メカ仕事ばっかやってたから数減ったんだ。
自分時間の無さ過去MAXだったし、
CG仕事も一昨年の方が多く作ってたのに。
担当さん、今年はカワイイ原型を是非!


しかしチューブに関しては、応援を頂いたおかげで
このネタ1つでここまで来れたとも言え、
改めて感謝の気持ちで一杯です。

今年こそ違う形をお見せします。
頭だけでも変えるとか。

駄目か。
ちゃんと頑張りますー。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

正月からチューブログ更新。

簡単フィニッシュの塗装編です。
油絵の具の使い方にも触れていますので是非どうぞ。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

新年
s2008_12170007.jpg

あけましてっ!
s2008_12170008.jpg

おめでたいっ!
s2008_12170009.jpg

今年もオレをよろしく。
s2008_12170010.jpg

注・自分から遊んで入ってます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]