2012年06月

2012年06月

2012年06月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]




「7/1 21:00 バルト9 EVA-EXTRA08に
水色、青の服で参加しましょう!」

詳細はこちら

何が出るかな。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ご覧いただけるであろうか。

risu00.jpg

完璧である。

完全なる出来である。

つぶらな瞳。
首のかしげ具合。
斜めに持った木の実。
ちょんと立ったプロポーション。

こいつの存在を知った時、amazonでは12000円のプレ値になっていた。
定価は2300円程のようだ。

悔しい気持ちを少しでも抑えるべく、
僕はこの画像をデスクトップの壁紙にした。
アイコンの文字が読みづらくなる事に構わず、
白バックのままデュアルディスプレイに使用した。


しばらく時が経過した。
あのリスの在庫は復活していないだろうか。
つか、商品名なんだっけか。
「おもちゃ リス」で検索すると


これもなかなかのリスだが違う。




うわー、これもひかれるわー。




だが違う。調べても全然出てこない。
なんだ?あれは幻だったのか?
あきらめてその日は眠りについた。


翌朝、「amazonからおすすめ商品があります」とメールがきた。

見るとそこに!!

あいつのリンクが!!!!

まじか!アマゾンすげーな、おい。
しかも在庫1だ!!
押せ!躊躇せず押せ!!

GET IT !! 


やった。やったぞ、俺。
サンキューアマゾン、トモダチ。

そして俺は待った。
思ったより届くまで日にちがかかったが、
ようやく!

待ちに待ったあいつが、、!!!


risu_01.jpg

もー、なんか、チョーツブされてんですけどー! 


なんなんだよ。
外箱に空間ありまくりだろ。
いっそむき出しで箱に入れといてくれよ。

不安な気持ちを抑えつつ、いざ開封。

ようこそ!

ニューファミリー!!



なんか、


もう、


全然違うんですけどーーーーー!!!! 

risu_02.jpg


知ってる。

俺、大人だから。

ぬいぐるみ、生きてない。

だがこれは、

あきらかに生きてない物を模して作ったような感じになってしまってる。


もう一度見本を見てみよう。


risu00.jpg

比べてみよう。

risu_02.jpg


言葉失ったわー。


でもうちに来たからには暖かく迎えてやりたい。
どうにかかわいくならないものか。


risu_03.jpg

お、かわいくなった。
俺天才だろ。

でもバランス悪いので、
影で彼が必死に支えています。


risu_04.jpg


どうしても欲しい方はどうぞ。 ↓
(プレ値に注意ね!)


[RSS] [Admin] [NewEntry]

カテゴリにウィーゴを追加。
過去の関連記事は「ワンフェス」「新メカ」でご覧下さい。
整理したいけど作業の優先度低いです、、。


しばらく前にツイッターに書いたんですけど、
ある夜の疲れ果てた一日最後の風呂上り。
寝巻きにしてるパーカーを被ったところ、前後逆に着てしまいまして。
しかし着なおす気力も無くそのまま就寝。

翌朝、起きてもそのまま行動していた所、
あれ?前にフードあると結構いいんじゃないか?って思い始めました。

トースト食べながら思いついた。
食べこぼしを残さずキャッチ!!

何となく被ってみて気づいた。
お嬢さん、これで電車内で寝顔を見られるのを気にせず寝れますよ。
会社に泊まってる同業者さん、明るい室内でも寝やすいですよ。

なんだこれ。
メリットしか無いわ。
これは流行るわ。

大体見た目がカッコイイ。

mae.jpg

(向かって右側が顔)

今日からこれで町に出たい。

でも大人だからな、、ただでさえ怪しい住人(行動時間等で)と思われてそうだし。
俺が子供なら間違いなくやってたんだが、、。


ああ、


そうか。


模型作ればいいのか。


maefood.jpg

ミドキッズカスタマイズ。

まだやわいスカルピー適当に盛っただけですけど。

左手をポッケに。
右手にはよく980円で売られているドライヤーをレイガンのつもりで持ってる風。
普段は背中のポッケ(本来パーカーの前にあるやつ)に収納して
悪を見つけたらサッと出す!
いじめっこは許さない!!


繰り返すけどカッコイイわ。

名前もつけたわ。


 「マエフードマン」 


ワンフェスデビューするかもだわー。

(注・原型師のmidoujiくんにはまだ許可とっておりません)


「ウィーゴ」カテゴリー作っていきなり雑談ですけど、
モデリズムは本来こんなブログです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先日告知しました、ファクトリーズ2012が発売になりました。
こちらの店頭でも扱いがあるそうです!)

IMG_1517.jpg

表紙ともう1カット、全身が写っている物意外は実物より相当のドアップで、、
なんとも冷や汗物ですが。
目次にも僕が塗らせて頂いたスクリティ(左ページ)とエンシー(右ページ)が。

IMG_1518s_20120617101514.jpg

エンシーは現在予約受付中。7/20までとなっていますので
よろしければ是非。
1/100の谷明造形。とんでもないす。
ガレージキットのアドバンテージがここにはある。
金型成型だとこれは再現不可能だと思う。


さて。
目次をよく見ていくと最後の方に、、あれ?

IMG_1519.jpg


なんと!
こんなボーナストラックがっ!!

IMG_1520.jpg

FSSに全く関係ないのに、、有難い限りです。
編集長に大感謝。
文章も1100文字くらい書いております。

という訳でウィーゴも4P掲載されております
ファクトリーズ2012、どうかよろしくお願いします。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

激しく久々に宣伝です。

先日トイズプレスさんのページで予約開始となりました、
「ファクトリーズ2012」

fact2012.jpg

「ファイブスター物語」に登場するモーターヘッドの模型を集めた本です。

「再検証:谷 明はやっぱり壮絶造型師だった!」

という見出しにある様に、谷さん原型のガレージキットがメインとなっている
もはや写真集と言っていい様なトイズプレスさんらしい美しい装丁の本です。


その号のですね、
谷さん原型で今度こちらのページで販売されます「エンシー」の塗装というですね、
重役といいますか、無謀かつ勇敢なオファーを頂きまして。
表紙のモデルを担当させて頂きました。
有難いというか、恐縮というか、まあドドドドドプレッシャーな事態です。

原稿にも書いていますのであまり書きませんけど
モーターヘッドの塗装と僕が普段やってる塗装、
まあほとんどの人に合わないって思われるだろうなと予想される訳です。
僕自身もどれだけ自分らしさを出しつつ、着地点を見つける事が出来るか。
相当考えました。
結果正解を見つけたなんて大きくは言えないのですが、
物凄くいい経験はさせてもらえました。
ここ何年かは僕の中でアクリルガッシュ塗りが定着していたので、
あらゆるマテリアルを試す所から始めたのは久々で。
塗装はね、、やっぱ面白いですよ、、今はもう技法もマテリアルもめっちゃありますから。


こちらの本には過去に塗らせて頂いた「スクリティ」「SR4」も掲載されています。
あともう一点何かが、、ありますが、発売になったらそれは改めてお知らせします。

以下ちょっと思うところを少し。


今僕はメインとなる長期の映像仕事が終わるまで、
模型絡みのお仕事オファーはお断りする形になっています(本当に心苦しいのですが)。
単純に時間が取れないことと、一応そういう約束で現在の仕事を請けた事が理由です。

今回の件は仕事ではありません。
僕の中では自分を高める為の勉強でもあり
何より恩返しでもあります。

ずっと僕の作品を見て頂いている方ならご存知かもしれませんが、
オリジナル作品である「メカトロ中部」の「チューブ1号」
発表して割とすぐにトイズプレスさんからコンタクトして頂き、
「トイズ」誌にて大きく掲載して頂きました。
(その本の宣伝で、ニュータイプ誌に1ページ丸々チューブの写真掲載っていう無謀な事もして頂きました)

その後はワンフェスログMFLOGと、
本が出る度に扱って頂いて。

トーキョーカルチャートbyビームスさんで販売されています1/12チューブ1号は、
その部長さんがこの本を目にし、
その上で頂いたお話がきっかけなんです。

他にも面白い話の始まりは、トイズプレスさんの本からって事が幾つかあって。
だから僕は物凄く感謝しています。言葉足りません。

その本を作っている方からですね、話をもらったら僕は断る理由が無い訳です。
期待に応えられるかどうかはわからないけど、
僕を信用してくれて、期待してもらえるのであれば
可能な限りそれを上回る形で返したい。
それはもう仕事でも何でもなくて、人との付き合い方というか、
もう僕の行動理念みたいなものです。
(まあ誰しもそうですよね。逆に言えば
 信用も信頼もされてないと感じれば、応える力が激減するのが人間です。)

本でも模型でも、本当に好きで無茶して作っている人が僕の周りには何人も居ます。
共通してるのは極端に言えば
「採算度外視」「無謀」
みたいな、仕事人としてどうよ?みたいなワード。
でも皆生活出来ています。
余裕がある人もギリな人も居るでしょうけど。
そのある意味「バカ」な行動に応じてくれる世界というか、
一部の社会がちゃんとあるから成立しているんでしょうね。
勿論それは生み出した物を購入してくれるお客さんが形成してくれているのです。

であれば僕は可能な限りピーキーに何かを生み出して行きたい。
突出した才能が無いのでどうしてもマイルドに抑える傾向があるんですけど、
やれる事は全部出して行きたい。
そう思ってても実際は60%とか80%しか出せなかったりするもんですから
常に過剰に意識して行きたい。

こういう事も真剣に物を作る事で浮かんでくる思いであり、
普段生活している時にはそこまで突っ込んで考える事は無い訳です。
そういう意味でも物作りは僕にって不可欠であり、
自分を高める何よりの行動なんです。
だから絶対にやめない。


と、久々のブログ更新、長くなった上に
まだまだ書ききれなかった事がありますが
(谷明さんの造形がどんだけすごいかって話とかね。是非一個ガレキ買ってみましょう!)
一旦この辺で。
本が発売になったらまた長文更新するかもです。

無謀な大人たちが多数関わっている
こちらの本、是非買ってくださいませ!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。