20周年中年
FC2ブログ

20周年中年

20周年中年 に関する記事です。
さて、今日から仕事初めの方も多いと思われます。
僕はフリーですから、祝祭日もほぼ関係なく過ごしている訳ですが、
それでも祝日がある週は、不思議と曜日感覚がおかしくなり
通常の週とは明らかにペースが狂ってしまう事が多々あります。

この正月期間も特に疲れる事をしていないのに
体がガチガチに凝ってしまっていて困ってます。
そして今、カレンダーは全然関係無いのに「今日から仕事初めー!」と、
昨日までよりやる気が出て来ております。
まあ、単純というか、めんどくさい体質というか。

とにかく2009年スタートです。
1/1には例の場所をチェックしてみました。
2009_01010009.jpg

正月バージョンになってる!
素晴らしい。
これ作ってる人、絶対仕事出来る。

ウサギ娘の名前も判明。
2009_01010010.jpg

そんな2009年。
実は僕がこの業界に入って、20周年イヤーのようです。
特別な契約やライセンスも無いので
境界線としては言ったもん勝ちという感じですが、
読者投稿ではなく、模型誌作例をやらせて頂いた最初が
89年のホビージャパン誌です。
2009_01010007.jpg

当時「ホビージャパンフェスティバル」という名称のイベントが夏に行われており、
そこで行われていたプラモコンテストには合計4回出品しました。
高1、高3は大阪のイベントに。
専門学校1、2年は東京のイベントに。
結果全部落選!
けど、4年目の作品返却時に当時HJ誌の佐藤編集長(現・電撃ホビーマガジン編集長)に
「ライターやってみる?」
と声をかけて頂き、
是非!よろしくお願いします!!と即答。
その後数日で一体ガンプラ(0080の1/144FZザク)を完成させて編集部に持ち込み、
その場で
「イングラム作ってみる?」
と、当時新製品であった1/72のパトレイバー主役機を作らせて頂く事になりまして。
(大英断というか、物凄いギャンブルするなって当時も驚きました。
 発注しても締め切り守る確証無い、どこのウマの骨?状態だった訳ですし。)

結果
2009_01010008.jpg
この11月号でいきなり表紙に使って頂けると言うあり得ない展開に。
本当に嬉しかったです。
当時は今より全然社交性も無かったので、
上手くお礼も言えなかったように思えますが、
改めて本当に感謝の気持ちで一杯です。
ここから今に至っている訳ですから。

HJ誌でのライター活動は2年くらいだったと思うのですが、
その後は展示、撮影用模型製作会社に勤務しました。
そして3DCG会社に転職、CG&模型もやる会社に転職を経て
現在のフリーになりました。

個人名はあまり出ていない時期にも、毎年1回は模型誌や
TV・映画等の映像など、表に出る仕事は継続してやってこれました。
CG期間も含めて娯楽産業?とカウントさせて頂くと20周年という事で。

振り返れば要所要所で色んな方に運良く拾い上げてもらってきたなと思います。
昨日もたまたまサンダーロードとそんな話になったのですが、
自分の凡才さに気付けた事が非情に大きなターニングポイントになったと思います。

実際この世には「天才」と称するしかないなって人が存在します。
それはもう明らかに違う人種なんですよね。
その人と対抗しなきゃいけない場面になるならば、
自分なりの武器を見につけるか、
天才の数倍手を動かすしか無いと思います。

僕はここで「じゃあ自分はどうしよう」って考えられた事で
それまでとは違った視点で物を見られる様になりました。

結果的に見てもらっている方々にどう映っているか、
自分の伝えようとしている事が伝わっているのか、
それが正しいのか、間違っているのか等は
時間が経たないと自分でも分からないと思います。
それでもその時々で考えて行動していく事が大事だと思っています。
考えてるだけじゃ駄目で、「行動」がキーです。

こういう仕事をしている以上、
特に同じ業界の作品などに対して
批判するだけの人にならない様に注意したいと思います。
批判される物であっても、作ってるだけいいと思います。
自分が出来ない事がやれている人には
何かしらの理由がある訳ですし。
意見があるなら形で物を言って行きたいなと。
となると年に何回あるかわからないですけどね。
出来るだけ頑張ります。すげー頑張ります。


冒頭で休むと調子狂うって言ってますからね。
もう完全にワーカホリックですから。
それならそれでいいと思います。
基本的に作ってるという日常で。

さあ、2009年頑張って行きましょう。

スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
2009
こんにちは。
年明けてすぐに偶然にもこのサイトを発見、
むさぼるように読みました。
年の一番最初に偶然にも縁があったということでうれしく思ってます。
今年もがんばってください。
応援しています。
あ、それとあのパトレイバー覚えてますよ。

2009/01/05(月) 13:01 | URL | みどうじ #EDpCAGVc[ 編集]
今年もよろしくお願いいたしまする~!
あけおめです。
ことよろなのです。
今日から仕事なので、気持ちだけ心機一転、この世を渡っていきたいと思います~w

体は正月休みで、かえってぼろぼろになってます。
正月休みは家庭的イベントが多いので、あんまり休みになりませんw。

その号のHJ、持ってますよ~!
気づきませんでした!

今年一年、素晴らしいお仕事を楽しみにしております~!

でわ!
2009/01/05(月) 13:01 | URL | いけぽん #-[ 編集]
明けましておめでとうございます。
前にも書きましたが、
当時中学生だった自分にとってあのイングラムは結構衝撃的で、
初めて模型誌のライター名を意識したのが小林さんでした。
何がどう衝撃的だったかを書くと
ブログが作れるくらいの文章量になりそうなんで書きませんが(笑)。
それからはHJを買うとまずは小林さんの名前を探していました。
別冊『PTLABOR THE 3D Part2』は今でもバイブルです。
レイバー群が続いた後の『F91』の黒いヤツ(デナンゾン…でしたっけ?)も驚いたなぁ。

これからもお身体に気を付けて心に残る作品をガシガシ作ってください!
今年も宜しくお願い致します。
2009/01/05(月) 14:22 | URL | アッくん #/5vwt0Ak[ 編集]
ありがとうございます!
>みどうじさん

ありがとうございます。
それではまず太い黒マジックを用意し、
イングラムの製作記事ページを開いたら
おもむろに文字を塗りつぶしましょう。
これで今年一年平和に暮らせます!

若かったから仕方無いですけど、
あの頃の原稿は有り得ないーー。
(今も変わらないくらいアホじゃないかと突っ込まれるかもしれませんが。)

>いけぽんさん

おめでとうございますー。
あ、リアルタイプデカール買いましたよ!
でもガンダム、ザク共にいけぽんさんのが
既にベストな出来なので、作るのはいつになるかわかりませんが、。

HJ、まず太黒マジックを、、(以下略)。

>アっくんさん

ありがとうございます。
年末に初めてお会いしたあるメーカーの方からも
「あれ?昔パトレイバーの作例を、、?」
と指摘されました。
それも別の場所でお二方に。
昔の事を覚えて頂けているんだなあと、
コメントを頂いている皆さんも含めて、
改めて有り難いなあ、、と感じています。

デナンゾンは僕も気に入っています。
完全にやり過ぎ形状変更でしたもんね。
動画を見る前に作ったからこそ
あそこまで勝手が出来た、
いろんな意味で奇跡的な一体だったなと。
怒られなくて良かったです。


という事で、皆さん今後もよろしくお願いします!
2009/01/05(月) 16:52 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
今更ながらあけましておめでとうございます。


今私の中で一本の線につながりました・・・。
小学生だったあの当時に衝撃を受けた作品がこんなトコで判明するなんて(笑)
ライターさんの名前を全く知らずに、『スゲーなぁ。どうやって作ってるんだろ。プラ板て何?』みたいなあの当時に頭の中が戻ってました。
この記事を読んで衝撃のあまり「マジで!?」と会社で叫んでしまい(←仕事しろ)注目を集めてしまいました(笑)
あぁ。ビックリ。今年初ビックリ。
初笑いは世界のヘイポーでした。


本年も宜しくお願い致します。
2009/01/05(月) 18:49 | URL | にく #wPfVjLjA[ 編集]
あらま
そ、そんなに年齢が離れていたなんて、、
でも嬉しいです。ありがとうございます。
僕も笑い初めは世界のヘイポーでした。
可哀想だけど酷すぎて笑った。

ちょっと間が空いてしまっていますが、
チューブログも更新して行きます。
すみません!
2009/01/05(月) 19:01 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
あらためまして謹賀新年です。

昔を振り返る記事を読んでてすごく懐かしい気分になりました。
結構昔のことなのに、今でも初期の頃のことって覚えてるんですね。
でもB-クラブ活動は関係なし?あれはあくまでもアマチュアゾーンかな。

とにかくこれからもすばらしいヤツをお願いします。
2009/01/07(水) 01:12 | URL | R☆トータス #-[ 編集]
流石に
B-CLUBは読者投稿に近い物だったしね。
作った物の出来も今の目では厳しすぎるし。
でもあの頃のB-CLUBは地方民にとって
まさに「これだ!!」と思えるいい本でした。
今は東京在住じゃないライターさんも多く居ますけど、
当時はそんな可能性あるとは思えなかったもんな。
2009/01/07(水) 08:47 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1146-38b125b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック