ファルケ その2
FC2ブログ

ファルケ その2

ファルケ その2 に関する記事です。
モデリズムのファルケ記事を検索するには
「ファルケ ドーナツ」
でググればOKだとお友達に教えてあげてください。
モグモグ。

工作2日目スタート。

ボディの接着前に入り組んだ所を
エアブラシで塗装しました。
いつものサフ1000+黒で作ったグレーです。
2009_04290012.jpg

ボディ内側は上面のコクピット周辺のみ塗装。
下側はシートを置けば見えません。

今回は試したい技法があり、外装の塗装をメインで考えているので
パイロットは省略です。
コクピット内部はカッコイイんですけど
あまり見えないのでさらっと仕上げます。

シタデルカラーをパレット上で調色して
クレオスの丸筆でささっと塗りました。
2009_04290014.jpg
(緑は塗りたて)

シタデルカラーは隠ぺい力が高く、ノビもいいので
少量の水で濃度を調整してさっと一塗りするだけで
これくらいには仕上がります。
色によって特性がちょっと違う感じもしますが、
当りの色はほとんどムラも無く綺麗に塗れて良いです。

アクリルガッシュと違い、クリアーコートをしなくても
油絵の具でスミイレが出来るのもいいです。
2009_04290015.jpg

若干塗面を侵す場合もあるので、一応注意した方がいいですけど。
乾燥後のベタつきは無いですが、若干しっとりした手触りになります。
厚く塗るとビニールっぽい感じ?
ラッカーのようなカリっとした質感ではありませんし、
ガッシュのような乾いた質感でもありません。

シートのグレー部分(金属っぽい箇所)のみ
メタルカラーのアイアンでドライブラシをして
エッジにスペキュラーが乗る様に。
写真失敗で全然わかりまへーん。
2009_04290017.jpg

ヒレ(スタビライザーでしたっけ?)パーツは
裏面に押し出しピン跡があるので、
このキットで唯一ラッカーパテで修正しました。
2009_04290020.jpg
シートの塗装が終わったのでボディの上下を接着。
Mr.セメントSでガッチリと。
上手く接着すればほとんど隙間も出来ません。
すごいぞ、ハセガワ(様)!

接着剤が完全に乾燥したら(食器乾燥機に数時間入れておきました)
上画像の中央部分のみ少し隙間が出来たので
WAVEの黒い瞬着で充填。

合わせ目の処理を終えたら
接合部に組み付けるパーツをどんどん接着して行きます。
画像中央のパーツは説明書だとわかりにくかったのですが、
多分この位置で合ってる、、と思います。
2009_04290021.jpg

あ、ヒレは好みで上の様に断面を削ってみました。
2009_04290022.jpg

という訳でほぼ工作終了ですね。
2009_04290019.jpg

ああ、ノズルを開口しようと思って忘れてた。
後日やります。

細かく見ていけば削り落としてコードをはわした方が見栄えしそうな箇所や、
抜きの関係で穴の開いていないインテーク?部などもありますが、
今回は気にしません。

という訳で本日の作業も4時間。

スタートから8時間あれば(乾燥待ちは含みませんが)
本体塗装前まで行けるって事です。
ノーストレス・プラモだなあー。
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
あ・・・
スタビライザーの裏面、忘れてました(笑
断面削るのはいいですね~、次回に反映させていただきます。

そうそう、ガトリングの基部に付くパーツって
分かりづらいですよね、
適当にくっつけてたら後で作例見てびっくり!


ええ、引きちぎりました(←こればっかり・・・。)

ボディ後方はやっぱり隙間できるみたいですね。
2009/05/01(金) 17:45 | URL | ebaratch #-[ 編集]
すっかり
2機目確定なんですねー。

ボディ後部はラッカーパテでも修正可能な少しの凹みが出来ました。
この大きさのキットですし、十分綺麗な合わせだと思います。
ほんとに良くできてますよねえ。
2009/05/02(土) 18:39 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1264-6ce77b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック