ファルケ その5

ファルケ その5

ファルケ その5 に関する記事です。
今回のファルケ記事は
リアルタイム更新ではありませんが、
試行錯誤、行ったり来たりを含めて
だらっとUPしていきますので
最終的に良い所だけ(あればですが)参考にして下さいね。

では混迷のファルケ、再開。

いつもの油絵の具3色(黒、ブルーグレー、バーントアンバー)を適当に混ぜて
スジボリなどにスミ入れを。
2009_05100012.jpg

綿棒に少しペトロールをつけ、余分に付いた絵の具をラフにぬぐう。
2009_05100013.jpg
残し気味にするのがポイントです。

ここで油絵の具を使って、本体色に近い色(少し明るめ)を調色する。
2009_05100014.jpg

ブログを始めてからはこの技法を使っていなかったので
画像入りで説明するのは初めてですが、
94年頃に作ったウォーカーマシンたちから、
電撃で作ったMGリックディアスまで、
汚しの色だけでなく、基本色のドライブラシ(退色のイメージ)に
油絵の具を使っています。

で、この水色絵の具で、先のスミ入れはみ出し部分をガシガシこする。
すると半乾きのスミがボケていい具合に馴染んでくれます。
2009_05100020.jpg
一般的なドライブラシほどカサカサではないので
セミウェットブラシという感じでしょうか。
エッジだけではなく面の中央もガシガシこすります。

わかりづらいですけど、
左がドライブラシ後。右がスミをぬぐっただけの状態です。
2009_05100018.jpg

書き忘れていましたが、触っているうちにぶつけたり引っ掻いたりして
部分的に基本色が剥がれてしまったので、
色々変化が出た方が面白くなるかと思い荒い
スポンジヤスリなどで青塗料を部分的に剥がしています。
本当は最終的にペリペリと剥がそうと思ったのですが、
塗膜が薄かった為、簡単に剥げてしまいました。

スミ入れとドライブラシは剥がした後に行っています。
2009_05100019.jpg
(注・この画像は実物よりセピアっぽく写っています。
 ドライブラシで一気に変わった訳ではありません、、)

油絵の具はそのままではほぼ乾かないので、
全体をガイアノーツのフラットクリアーで軽くコートしています。

青部分はまだまだ塗り足していきます。
完成じゃありません。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
この、
油絵の具の行程試してみたいんですよね、
次回は緑1色で塗ってみたいので
ぜひとも試したいと思ってます。

あ、ミドレンジャー確定。w

責任とりますので、黄レンジャーよろしくです。

以前に書き込みした“割れ”ですが
自分のやり方が間違ってたことも分かりましたし、
ガンプラが割れやすいのもなんとなくわかりましたね。

でも油絵の具はホントに面白いので
次回は必ず使ってみます。

いや~、良い感じのブルーになってきましたね、
鉄の質感がチラホラしてますよ。
2009/05/13(水) 00:05 | URL | ebaratch #-[ 編集]
延々迷路
今回ガッシュで塗るかラッカー+油絵の具で塗るかは
大分迷いました。
結果的に後者を選んだ理由は
ファルケには浅めのリベットモールドなどが全面にあり、
ガッシュだと相当埋まってしまうな、、と思ったからです。
色味と質感で考えるとガッシュでやりたかったんですけどね。

>黄レンジャー

えー!って、
年2つも同じプラモを作る時間は取れそうにないすーーー!

>割れ

物によっては全面に塗る時もあるんですが、
余分についた所は指で拭ったりして
自然とあまり溶剤が残らないようにしていたかもしれません。

>鉄の質感がチラホラしてますよ。

ありがとうございます。
でもまだ全然ですね。
最終的には艶の調整にかかってると思うんですが。
まだどう転ぶか自分でもわかりません。
2009/05/13(水) 10:06 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1275-4eb67f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック