アイムフライング

アイムフライング

アイムフライング に関する記事です。
この1週間、遊びと仕事が混ざり合って
珍しく色々と詰まっておりました。

日曜には「遠いけど徒歩圏内」にある
米軍横田基地祭に行ってきました。
毎年ワンフェス準備の修羅場時期に行われていて
「ああ、飛行機飛んでる音が、、、」
「ああ、花火の音が、、、」
と、祭りの音を耳にしつつ、

「俺の祭り会場はここだ」

と、足の踏み場も無い模型部屋で
一人涙を流していたもんです(な訳ない)。

しかし今年はワンフェスも早々に終わっているので、
お仕事仲間とその祭りに行く事になりました。

待ち合わせの駅に行くと

usi.jpg

なんだか人が溢れてる気がするー

改札でしばらく待っていると
ホームに居るお仲間から電話が。

「全く動きません、、次の電車で隣駅に移動して
 タクシーで戻ってきます」

とのこと。
次から次へと来る電車から降りる人が溢れ、
ホームの先に居ると、全く前に進めなくなってるっぽいです。
すげー。
鈴鹿のF1でももっとスムースだったのに。

と、前置きが既に長いすが、
この後無事合流して基地内に突入しました。

7年くらい前にも来た事があるんですが、
ここ、飛行機にほとんど近寄れないんです。
かなり離れた位置にロープ張られて、
後ろにも回れず。

s043.jpg

と、いきなり目玉のラプターを載せてますが。
こいつは滑走路を延々歩いて、ほぼ一番端に展示されてました。
出来れば存在に気づかずに帰ってくれって事でしょうか。
こいつの周りだけテッポー持った兵隊さんが立ってます。

s045.jpg

まー、なんか本当に、、
s056.jpg

色々追求してこういう形になったんでしょうけど、
やっぱりもっと色気を盛り込んで欲しいです。

ああ、そういう要素が少ないから
僕はヒコーキもセンシャも好きにならないのかな。
車は性能追求だけで形作らないですもんね。
だから車は好きなのか。

じゃあ基地に行くなと言われそうですが、
そこはほら、

midoujiくん、本物見てきたよ。
s020.jpg

ファルケに活かそう。
s025.jpg

つっても模型で再現しても映えなさそうな質感ですねえ。

塗料の剥げはこの機体以外ではほとんど見られず。
プロペラが回転の磨耗で剥げてるのがあったくらいです。

一部の輸送機は触れる程近づけるので
質感や注意書きが見られて良かったです。
s065.jpg

なんつー色だ、、と話していたんですが、
今気づきました。
こんな色でファルケを塗っていた人の事を。
s066.jpg

すげーアバウトな処理。
切れ目入れてグイってやりました的な。
s064.jpg

これは日本の自衛隊の機体ですが、
日本の物は全体的にえらく汚れてました。
s071.jpg

掃除していないのか、使い込まれている証なのか。


とまあ、気になるポイントだけパシャパシャと撮影してきました。
4人で行ったんですが、そういや自分らは全く撮ってなかったです。
仕事人よのう。

085.jpg
(他人と空の図)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
うおー
いいなぁ・・・
こんなところが近くにあるのいいなぁ。
ホンモノガトリングってそんなはげちょろけではないんですね。
僕のファルケチョロンチョロンにはげさせてしまいましたがね。
ぬー。
そういえば以前ハワイの米軍基地見学トップガンツアーなんてのに行ったことがあるんですが、その時は
「絶対写真とらないで!撮影したら捕まって拷問されて家に帰れません!」的なことを散々言われましたんでまさに遠くから見守るだけでした。

まあ・・・あの駅見たらどんなに行きたくても僕帰ります。

2009/08/25(火) 12:00 | URL | midouji #-[ 編集]
新型戦闘機
なんか、新型の戦闘機、車種は忘れましたけど、フェラーリのマシンに似てるなぁ・・・と思ったんですが・・・
2009/08/25(火) 14:28 | URL | a #hG7ZF4t.[ 編集]
いろけ
色気ないっすね~。
新型機w
やっぱ機能美追求しすぎると、おもしろくなくなるんでしょか。
好きな現行機種ってファントムかA-10ぐらいだもんな~。
まあ個人的な主観バリバリですがw
現物見れてウラヤマシス~!
2009/08/25(火) 17:33 | URL | いけぽん #-[ 編集]
まとめて返答
>midoujiさん

良くも悪くもありますねえ。
飛行機、普段もそこそこうるさいです。
ウチはそんなでも無いですけど、
場所によっては騒音問題ですし。

>トップガンツアー

うおー、なんかスゲーの行ってるじゃないすか。
僕はトップガンよりSEGAのアフターバーナーが好きでした。
(話のズレ方が我ながら心配)

>aさん

何でしょうね。エンツォかな?
日本人の方がデザインされた。

フェラーリも近年独特の進化をしてますよね。
他の車は「ワル」っぽい顔つきが多い中、
何とも形容しがたい形を。
そろそろグラマラスなラインが見たいですねえ。

>いけぽんさん

A-10は僕が最初に覚えた戦闘機です。
子供の頃HJの特集見て。
確か川口さんのギャロップタイプが載ってる号だったかと。

やっぱりあまり洗練されていない方が魅力的ですね。
飛行機に限らず。
何でなんだろう。
意味わからんくらい打たれてるリベット見ると安心しちゃうもんなあ。
平成生まれになるとまた感覚が違うんでしょうか。
2009/08/25(火) 19:46 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
うぉ!こういう話題には反応せずには居られませぬ。

そうですねぇ言われてみれば素っ気無いですねぇ実在兵器という物は。自分でもなぜこのような物が好きなのか良く分かりません。

まぁ、実在メカ・マニアは形そのものよりもナゼそのような形になったのかという事情を知る事を楽しんでいる面がありますので。

色や質感に関してはスケールモデラーの間でも見栄えの良い塗装はフィクション的な演出が必要という考えが一般的になりつつあるようです。
2009/08/25(火) 23:32 | URL | 東村山 #Iwrm9LII[ 編集]
随分と
東村山さん、長期間ハードな改造されてますもんね。
全く詳しくない分野なので、
最初小改造なのかと思ったら、
なんかほとんど違う素材になってる、、。

兵器類は性能面でひかれる事もあるんでしょうね。
見た目が異様な物は僕でも幾つかは名前が残ってますが、
中にはデザイン的要素を考えて作られた物もあるんですかね。

塗装に関しては、大昔のドライブラシから既にフィクションではあったんですが、
近年の手法の移り変わりの早さは
秋葉原の街並開発レベルでめまぐるしいですよね。
塗りに慣れると好みで取捨選択が出来ますが、
初心者は大混乱しそうだな。
2009/08/26(水) 09:43 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1379-30fe4bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック