ちゃり散歩 モグリズムMAX その2

ちゃり散歩 モグリズムMAX その2

ちゃり散歩 モグリズムMAX その2 に関する記事です。
さて、お蕎麦屋さん。

着いたのは13時ごろ。
外に2組のお客さんが待っています。
店内に席は少ないと聞きましたが、
蕎麦なんてズズーッとすすってお勘定!てなもんで
回転は早いだろうと思い待つことに。

しかーし、なかなか入れてもらえません。
えーと、お一人様なんですけど、、相席させてもらませんか、、、
体冷えてきました。
山を降りる時に使わなかったウインドブレーカーを
ここでまさかの投入。

このお店は客効率といったものより
ゆっくりとした時間を堪能して欲しいという考えなのかもしれない。
だからきっと相席もさせないんだ。
にしても、、
まだ、、、
って、まさかの40分待ち、、!?
一人で食い物にこんなに並んだこと無いよ!

「大変お待たせしました。」

おお、来た!!ありがとうございます!
やっと入店。
お店の中は4人、6人、6人と3テーブルのみ。
僕は6人席に案内されました。
先客は2人連れが2組。
って、やっぱり席空いてたのか。

目当ての物を注文した所でお店の方に
僕の後に待ってる3人組のお客さん、よかったら同じ席に座って頂いて大丈夫ですけど
と話したところ、
「ああ、、すみません、蕎麦が足りなくなってしまって、、(帰られましたとの事)」
ああ、、、おじいちゃんおばあちゃんお父さん、、、可哀想に、、、

結局たまたま立て込んでいたのか、
一組一テーブルなのかよくわかりませんが。
頼んだ物が出てくるのは思ったよりも早かったです。

まず何を頼んでも頂けるのかな?という突き出し。
IMG_4006.jpg

僕は漬物が基本的に嫌いなんですけど
浅漬けは食べられます。
これは生姜とあんずと一緒に漬けられたきゅうり、皮のむかれたプチトマト、大根(カブじゃないと思いますが)。
この大根、ほんのり甘くて美味しかったです。
初めて漬物を積極的に食べたいと思った。

次に運ばれてきたのはお目当ての
桜海老のかき揚げ!!
038_20091104183429.jpg

これが美味しいと聞いて来ました。
600円也。
いんげん、しし唐、柿(!)のてんぷらもついています。
塩をつけてモグリンチョ。

おお、、衣が最低限しかついていないので油に弱い僕が食べても旨い!!
サクサクだけどちゃんとエビの身の触感が残ってる。
美味しいよーー。
一口食べるたびにじーーっと凝視してしまいました。

そしてもり蕎麦。800円。
039_20091103230346.jpg

本来これがメインであるはずなんですが、
蕎麦好きの人って色々うるさそうじゃないですか。
そういう方とあれこれ論じる程蕎麦知識が無いので
ただ美味しかったですとだけ書いておきます。

最後に蕎麦湯も頂いて堪能した所で気がつくと

一人残って給食食わされてる図になってました。
IMG_4009.jpg

お店、15時までなんです(無くなり次第終了)。
お弁当が380円戦争のこのご時勢に
大分贅沢なお昼を食ってしまった。
でもまた来たいなあ。

このようなお店はよく「隠れ家的」と表現されますが、
この辺だとこれが「普通」なのかもしれないです。
それくらいこういう形態のお店が点在している事に最近気づきました。

普段は何も食わないでも走れる行程なんですけど、
珍しく食い道楽走行でございました。
お腹一杯です。

さて、帰宅です。
五日市駅前のあまりにもサイバーな
「無事カエル」くんに挨拶をしてお別れです。
049.jpg

こいつ、町のピンチ時にはきっと4脚歩行で起動し
皆を救ってくれるんだぜ。
いつこいつのパイロットにスカウトされてもいいように
俺、鍛えておきますから。
乗りこなしてみせますから。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
カエルを
裏コード発動する時は呼んでください。見に行きます。
2009/11/05(木) 09:40 | URL | midouji #-[ 編集]
その日のお蕎麦屋さんの最後の1人前だったんですかね?だとしたらツイてましたね。

怪しいメカに乗る前に「ぼくらの」というアニメを観て良く考えた方が良いと思います。
2009/11/05(木) 14:59 | URL | 東村山 #mQop/nM.[ 編集]
>midouji さん

了解。
ピッタリで気持ちいいスーツで乗り込みますので。

>東村山さん

蕎麦屋さんは残り1、2玉だったんでしょうね。
次行くならもっと早めに行こうと思います。

「ぼくらの」検索しました。
内容重そうですね、、
レンタル屋に行ったら見てみます。
2009/11/06(金) 08:34 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1440-80f35dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック