WF CM 8 MODELA起動 その3

WF CM 8 MODELA起動 その3

WF CM 8 MODELA起動 その3 に関する記事です。
さて。
二丁目の銃の切削も始めてます。


060210_0014~0001.jpg


実は切削中に両面テープは剥がれて失敗なんてのも
何度かやりつつ。
で、削りカスがこんな状態。


060210_1021~0001.jpg


わかりにくいと思いますが、カスを山状にすれば
棒立てて砂取り遊びが出来ます。
これがねー、静電気でいろんな物に付きまくるんすよ、、。
掃除機で吸ったら今度は掃除機を掃除しないといけなくなるという、、
なので出来るだけ新聞紙に貯めて捨て、掃除機は最後の最後に使う事にしています。


で、Aの方の銃を貼り合わせました。


060210_2137~0001.jpg


060210_2137~0002.jpg



人形に持たせた絵もあるんですが、それは当日まで非公開にしようかなと。
馬鹿っぽいデカさがグーです。


* この銃が使われるネタに関しては直撃!地獄日報をご覧ください。
 そこからリンクされている野望のスカルピー王国にて
 メイン立体物の製作レポートも進行しています。
tklogo.jpg

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
すごい!
思ってた以上に精密に仕上げられるんですね。
たしかに粉はうんざりしそうですが・・・

しかも大きさ対比が500円玉。
リッチだこと。

完成楽しみにしてます。
2006/02/11(土) 09:38 | URL | defutura #-[ 編集]
http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/を見ていたら、リンクしてあったので、見にきました。又見にきまーす!
2006/02/11(土) 09:39 | URL | ぬりかべ #-[ 編集]
素早いコメントありがとうございます。
エンドミルを1mmより細くすれば恐ろしく細かいモールドも可能です。
友人がチョロQサイズの車を彫った際、
「NISSAN」エンブレムまでなんとなく再現されててひっくり返りました、、。
ただ細いエンドミルだと深さも浅くしか掘れないし、
時間も恐ろしくかかるので、僕が使うのは1mmまでですね。

>対比が500円玉
はは。実はポケットに突っ込んで探ってた際、
「1円とかだと貧乏臭くて見てる人退くかな、、」
と思って500円にしてました。
見栄張りました。
、、ってそんなでもないよな、、
今度は1万円札で対比します。
(必死すぎてより貧乏臭い)
2006/02/11(土) 10:08 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
粉、スゲー!
それだけでもうひと仕事できそう。。
裾上げしたジーンズの切れ端でペンケース。みたいな。

空気中にも舞ってそうですね。
ここは一つ清浄機の根性叩き直して、
頑張ってもらいましょう!
2006/02/12(日) 05:58 | URL | 風花 #-[ 編集]
>風花さん
いやー、すごいです。
コンビニのレジ袋2つ分粉出した事もあります。
流石に再利用法は、、と考えましたが
考えるだけ無駄でした。とほ。
一応切削作業中は、新聞紙と段ボール被せて
臭いと粉の悲惨を防いでます。
防塵ケースとかそのうち作りたいですけどね。
(市販されてるけどいい値段します)
2006/02/12(日) 08:46 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/146-0e088790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック