俺の目

俺の目

俺の目 に関する記事です。
そういやアバターの感想。

アトラクション的な映像を除くと初3D映画だったんですが、
それはなかなかに面白かったです。
川崎IMAXの3Dメガネは、メガネonメガメでもほぼ違和感無く。
今後3Dが主流になるとハリウッドでは言われてるそうですが
まあそれもありなんと思うべな。

僕はCG仕事では基本的にモデリングしかしなくなったのですが、
それでも映画を見に行くと
「これは実写?CG?どうやって合成してんの?」など
技術的な事を自然に考えて見てしまいます。
つっても最先端の技術自体にそれ程興味も無いので(もうちょい持った方がとは思う)
考えると言ってもふわっと疑問に思う程度で、
むしろ映画鑑賞の邪魔にしかなってないんですが。

で、アバター。
一緒に行った人は「背景すごいな」と言っていたんですが、
僕はそう言われて「ああ、確かに」と思い出す感じで
見てる間はそれ程気をひかれませんでした。
つか、他にもう気になって気になって仕方が無かった物があって。
それは

この人たち。
ava.jpg

スタッフ的に絶対技術的に劣ってる訳は無いと思うんです。
でもね、デザインのせいなんでしょうけど、
ライトウェーブって個人でも買える3Dソフトが一気に売れた時代に
皆がこぞって美少女などの人体モデリングを始めた頃
よく見かけたちょっとデッサン狂い気味のモデルを思い出してしまって、、

常に
「これはええのか?ええもんなのか、、?」
と、もうほんとに悪いんですけど
ずっと気になってしまって。
そこばっか見ちゃって。

「青」ってのがまた違和感を増長させてるのかな。
ほら、ダイエット用にって青いご飯あったじゃないすか。
(知らない人は検索どうぞ)
ああいう生理的に受け付けない感じがどうにもこうにも。

どんなシリアスな演技をしていても、
どうしても脳に心に到達しなかったんですよね。
すんません、ほんと、ワガママで。

いっそね、
あの人種がね、

こいつらだったらまだ良かったと思うんですよ。

Ewok.jpg

アドベンちゃあ~

「しょーがねーな、おい。」
とか言いながら楽しく見られたんじゃとね。


はい。
僕が間違ってるって事でいいです。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1498-5f250089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック