1/20 チューブ1号ガルフカラー その1

1/20 チューブ1号ガルフカラー その1

1/20 チューブ1号ガルフカラー その1 に関する記事です。
WF間に合わせの為、完成はしていないのですが
一応メイキングをUPしておきます。

今回は仕事の合間の急ぎ作業だった事もあり、
レジンパーツに付着している離型剤(信越のペインタブルタイプ使用)の洗浄もせず
どんどんパーツを磨いて組み上げて行きました。
020_20100128222937.jpg

市販の関節パーツ(イエサブの球体ジョイントを主に使用)やネジを使用しつつ、
部位によっては瞬着で接着もしています。
(接着面にヤスリをあてる事で離型剤は落としています)
使用するジョイントによって、受け部分をエグるなどの調整をした方が
完成後のバランスが締まると思うので、
好みのバランスになるように頑張ってみて下さい。

その後バラして家庭用洗剤とクレンザーで洗浄。
乾燥後は串などに刺してクレオスのレジンプライマーサフェーサー(瓶入り)に黒を混ぜた物を
エアブラシにて塗装。
今回はこれくらい組んだ状態で塗っています。
004_20100205105559.jpg

このベース色が表面に出る黒ライン色になっています。
レトラセットの1mmテープを使用して
(昔居た会社で建築模型などを作る際によく使ってました)
ラインを残したい部分に貼っていきます。
001_20100210101609.jpg

太さも色々あっていいのですが、ノリが強めな気もするので
サフがレジンに食いついていないと剥がれる事があります。
綺麗に仕上げたい方はご注意を。

ライン部分にテープを貼ったら、アクリルガッシュで好みの色を調色し
(乾燥が早いので多めに作って瓶に保存しましょう)
タミヤアクリルシンナーで希釈して筆でムラムラ塗っていきます。
003_20100210102057.jpg

1層、2層ではこの程度の隠ぺい力。
001_20100206111724.jpg

結局5、6回は塗り重ねました。

オレンジ部分も同様に。
004_20100210102523.jpg

つづく
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1529-5ac41b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック