彼方からのチューブ

彼方からのチューブ

彼方からのチューブ に関する記事です。
他力本願寺へようこそ。

恐らく現在世界一モデリズムとサンダーロードのキットを完成させてくれている
「積んどかないよモデラー」の midoujiくんが、2機目の1/20チューブを完成させてくれました。
ありがとうございます。
こちらのギャラリーでご覧いただければと思います。

mid_chubu.jpg

今回最初から

「汚します」

と聞いてまして。
しかし一度完成近くまでいってたのに

「他の人とかぶった」

とか言って色、全剥がししてるじゃないですか。
すると今度は

「ラベンダー色で塗って美容院に飾ってもらうんだ」

とか言ってるじゃないですか。
もう触っちゃいけない感じ満々です。

どうしたんだ?オレが悪いのか?
ガンプラ好きの店主が居る模型屋さんだと思って「SHOPモデリズム」に通っていたら
何かしらんけど駄菓子しか売ってなくて、
でも店に入ったもんだから仕方なくあれこれ買って食ってたら
指先はハートチップルの匂いが染み付き、
舌は合成着色料で真っ青になってた、、みたいなもんか?
なんか責任感じます。

しかし昨夜完成したと聞き、サイトを見に行ってみると
美容院に持ち込んでも素手では触ってもらえないであろう
キタナカワイイ(←時流に乗ろうとするも既に終わってる感満々)仕上げになっておりまして、
ひとまず安心です。
いや、やっぱり少し心配か。


何はともあれ自分のキットを完成させてもらえる事は本当に有難い事です。
本家が開店休業中みたいな状態ですので尚更強く感じます。
ありがとうございました。
 
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
サンダーとモデリズムがないと情緒が著しく不安定になるmidoujiです。
紹介ありがとうございます。
今回の20チューブは迷走に迷走を重ね最後は瞑想して終わったような感じでござんす。
ピグメント工程に入った瞬間、頭の中にいつも目にする現場の泥だらけになった重機が出てきまして「社長!社長!うごかんようになりました!」と独り言言いながら塗ってたらこんなことになりました。
美容院のカウンターに置くにはあまりにも不釣り合いになってしまったので、知り合いの土木業者の受付嬢の前にでも置いて「名刺をコイツの指にはさんでおきな!」とでも言ってやろうかと考えております。
妄想記にも書いておりますが2号の開発、首をビロビロに長くして待っております。
2010/06/04(金) 10:10 | URL | midouji #-[ 編集]
あ、惜しい…。
>ラベンダー色で塗って
おおっ! と思ったんですが路線変更でしたか、残念。
モロ被りのネタだったんですけどねー。

>知り合いの土木業者の受付嬢の前にでも置いて
スゲー!カッチョイイかも!
もうその土木業者さんの名前とか入れちゃえば良いのに!
…と好き勝手思っちゃってスミマセンですm(__)m

それにしても、midoujiさんの製作コメントの妄想2が
“カッチョイイ2号機を早よ出せコラァ”にしか読めないので
面白くて堪りません(笑)


>SHOPモデリズム
通い続けるので店畳まない程度に営業続けて下さいませ。
2010/06/04(金) 23:16 | URL | をたる #khJcBVso[ 編集]
そうそう、
>midoujiくん

2号、さらっと催促されてる感じで。
ね。どうしましょう。
一応次は「2号」とか明確に決め込まずに
作ってみてから設定決めようと考えてます。
何か色々縛りを作ると自分はダメだなって気づきましたので。
仕事が少しでも落ち着いたら手を動かしたいと思いますが、
最近の流れをかえりみるともう何も予告できまへーん。

土木受付だとあれだね、
「お!なんや、ねーちゃん、このぼろっちいロボットは!」
と、現場のオッサンが不用意に持ち上げそうです。
「なんや、腕モゲたで!」
とかね。

>をたるっち

そうそう、をたるっちもそんな色言ってたよな、、と思ってました。
という訳でよろしくお願いします(圧)。

新作。作ってみたいねえ。
もう6月もほぼ1週過ぎてしまったよ、、。

>SHOPモデリズム

ありがとうございます!
気合入れて駄菓子の仕入れに行ってきます!!(違う)
2010/06/05(土) 09:45 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1617-47172241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック