ロード第一章 完

ロード第一章 完

ロード第一章 完 に関する記事です。
何も出来ないままワンフェスも終わりまして、
先日久々に自転車で山に行ってきました。
         ◆
自転車部には今年の多分初夏ぐらいから
合同練習に参加してる女子がいまして。
しばらく前に初めて山を走るって時には
僕が併走してたんです。

まだ若いし元々スポーツバリバリやってきた人なんで
初めてでも結構走れちゃうんじゃないかと思ったんですが、
山、甘くなかった。

途中大分苦しそうだったので少し休憩しようとしたところ
ビンディングペダルが外れなくて立ちゴケ。
「自分に対して悔しいっす、、」
と、女子は涙にじませてしばらく体育座りしてました。

僕なんか体育は常に1か2という成績だったので、
初山で足ついても「当たり前だわー」てなもんでしたが、
そっか、運動出来る人には屈辱的なものなのかーと
新鮮な驚きを感じました。

その後も一度山の斜面によりかかるように停止。
何とか上りきった帰りの下りではスリップして転倒(危なかった、、)と
もうハード過ぎる一日を経て、
やっぱり女子には厳しいのか、、と改めて山の怖さを感じていたのですが。

しかしその翌週、僕は不参加の同じ山練習で
その女子は休まずに上りきったと聞きました。
しかも体重重めの男子を抜いてしまったとの事。
ぐわ、、運動出来る人、やっぱすげえ、、。

しばらくしてまた一緒に走る機会がありました。
その時は前回より更にハードな山ルートでしたが
女子は休む事無くグングン上っておりました。
この日、「あ、そのうち抜かれる日が来てしまう、、」と
若干の危機感を覚えた程です。

ある日その女子が
「もっと早く走りたいのでアルミホイ-ル買います!」
と言い出しました。
ン万円もします。

「じゃあそれ買って一緒に走った時に僕が負けたら
悔しいので僕も買いますよ。」
と、話の流れで何となくそんな事を言ってしまいました。
それからワンフェス準備もあり何週間か一緒に走る事もなく
昨日という日を迎えたのです。
           ◆
早朝集合。
そこから山への入り口までのほぼ平地+若干の坂道。
既に女子についていけない僕がいました。

え、ええ!?
やばい、どうしよう、、、
いや、でも本格的な坂道になればまだ逆転の可能性はある。。かも?
と、自分に言い聞かせながら
山入り口から一斉にスタート。

あれあれ?すごい勢いで遠ざかって行きますよ。
スタートして10分足らずで見えなくなった気がしますよ。
でももっと斜度がキツくなれば、、
なれば、、、
ああ、、、、


いやー、山は一人で優雅に走ると気持ちいいなあー。
ヤッホー!(ヤッホー!、、、ホー、、、、ォー、、、、)


 完 全 敗 北 


ゴールの都民の森到着、、。

どれくらいのタイムでついたんすか?!
1時間18分?あれ?僕のサイコンだと1時間22分に、、
え?そんな訳ない?もっと待った??
これ壊れてるの??サイコン捨ててくれ??

「和史さん!(ホイール)約束ですよ!」

え??えーと、、前向きに考えます、、、


 「考える??誠意が見たいです!!」 


と、15歳くらい離れてる女子に言われたおっさん。
いやもう


 初 老 


でいいです。いっそその方が言い訳できる。

ちなみにその女子、
まだ アルミホイール未装着 です。

という事はですよ、僕がアルミ買った所でですね、
あっちも買ったら追いつかない訳ですよ。
無駄じゃない?やめない?


 「数日後には2人でおニューのホイールですね。」 


自転車きらい。
さよなら、俺のロード。



ご好評頂きました「ロード第一章」は今回で連載を終了いたします。

次回からはモデリズムがありとあらゆる反則技を繰り出す

「ロード第二章~黒く染まりし者~」 か、

おしゃれな小径車で街の甘味処をキャッキャと巡る

「あの子と!モグリズム ~全部食べちゃう~」

が始まる予定です。
「あの子と!モグリズム」の方は一緒に巡ってくれる
女子が見つからない場合連載不能です。
メンバー急募!!

ちなみに「ロード第二章」は
ライバルに甘い物や高カロリー食品を食べさせたり、
サドルを抜いて鉛玉を詰め込んだり、
走行中に「そこ右!!」と間違ったルートを教えたりするダークサイドストーリーです。
本人の意思とは反対に、恐らくこちらがスタートします。




スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
いいすねー
なんか甘酸っぱいですね!
初老のくせして!
2010/08/02(月) 22:22 | URL | yodachin #-[ 編集]
甘酸っぱい、、だと !?

血の味がしますよ!!
バトルロイヤルかつ金もかかるという試練です。
僕はあの人に勝ちたい、、!(初老でもだ!)
2010/08/03(火) 01:26 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1647-f8a102b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック