玩具を展示する祭

玩具を展示する祭

玩具を展示する祭 に関する記事です。
先日、製作していた模型を撮影してもらいに都心に出てました。
終了後、時間的に間に合ったので「魂ネイション」会場である秋葉原UDXに行ってきました。
レッツゴーUDX!UDX!です。

ネットでも色々情報と画像が出てますが、何か怒涛の展示になっておりました。
フィギュアーツ、ROBOT魂、SIC関連など、発売前の新作や、試作品など初見の物が多過ぎて
結果ほとんど何を見たか覚えてないという、、いや覚えてます。ちょっとくらいは。

ROBOT魂ブースの一画にあるパネルに、設計担当の方が確か「Sさん」と紹介されていました。
ROBOT魂のエヴァ、ターンエー、魂スペックのドラグナーシリーズなどを担当された方だそうです。
元々手作業で原型を作られる方だそうですが、エヴァなんかは自身でイラストを描き、
有機的なライン表現が難しいCAD設計にあえて挑んだ的な解説がありました。
何で2号機から発売されたのかというと、本人が2号機大好きだからだそうです。
「破」の予告を上司に見せて「ほら!2号機かっこいいでしょ!」ってそそのかしたとか。
ターンエーも好きで好きで、どうしてもやりたい!って担当になったなど、
(あ、撮影禁止だったのでうろ覚えです。色々間違ってたらごめんなさい)
読んでてすごく面白かったですね。

なんていうんでしょうか。こんなに担当者の思いで動いてる現場だったんですね。
そこが嬉しかったです。
そしてそれが許される土壌があるのがすごいなって。
最近のROBOT魂やフィギュアーツのラインナップって
「ええ?これ出せるの??」って驚く物が多いですけど、
なんか少し納得出来ました。
幸せな職場ですね。

展示物もただ商品並べただけじゃなく、
フィギュアーツは各キャラのスタンドに、そのキャラの名セリフなんかが書かれていて
それも面白かったなあ。
その商品を使ったジオラマなどのワンオフ物も多数。
関わったスタッフは文化祭ノリだったんじゃないかと。

参考出品物の多さはとにかく凄かった。
しかもよく出来ていて「もう発売されるんだ」って思い込んで帰った人も多いのではというレベル。
極魂のガロシリーズ、ダンや馬も参考出品であったけどもう完全に仕上がってたもんなー。
会場の外で売ってるんでしょ?という完成度。

1メーカーの新製品展示会としては異常な面白さでした。
入場料500円、全く高く無い。オマケのちっこいガンダムももらえるし。
オモチャショーまで規模がデカイと、疲れるのでもうそうそう行く気になれないですけど
これくらいの規模なら毎回見に行きたいなあ。

あ、一番見たかったSICディエンドは固定版のHJ作例(ですよね?)でした。
しかも最初は見逃して通過してしまう始末。
ガロコーナーまで行ってから「あれ?何か忘れてる、、、」って思い出した。

あ、ワイルドカリスは夕方まで売ってました。
何か目の色が薄かったような。

RIMG0007_20101004090754.jpg

画像のカリスは前回のイベント時に買った物。
イベント販売物では無いけどNEW電王、かっちょいい。

会場でライダーの歌がかかっていて、それに合わせて子供が歌っていましたが、
クウガの歌も歌ってて驚いた。
歌えてるパート少なかったけど。
「クウガ!たららららーらーららークウガ!たららららー」
って感じで。
大丈夫。俺も歌えないぜ。
超変身!!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1669-70837a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック