松山・実演おさらい その1~金属色編~

松山・実演おさらい その1~金属色編~

松山・実演おさらい その1~金属色編~ に関する記事です。
先日実演した「金属質感」塗装のまとめです。

当日見て頂いた方は

「お前、もっとラフに塗ってたじゃねーか!」

と思われるかもしれません。
これは実演前に撮影した物ですが僕もそう思いました(おい)。
手順は同じですので、いずれにせよお気楽に。

基本的に以前ファルケのノズル部分を塗った際の手法と同じですが、
(今回の記事では補足し切れない部分もあるので合わせてご覧下さい)
今回はエアブラシを使わないで仕上げています。

【1】下地に黒を塗る。

今回はクレオスの黒サフェーサーを。
この塗料は完全なつや消しになりますね。
この色でなくても構いませんが、黒か黒に近いグレーなどがいいと思います。
艶は消えている方が、この後の塗料の乗りというか引っかかりが良いから
いいかもしれませんね。

GsFig01.jpg


【2】シルバーでラフにドライブラシ。

ドライブラシというか、もはやウェットブラシという感じで、
筆跡がついても構わないくらいにラフに。
仕上がりとしては
「シルバーのパーツの所々に黒いかすれがある」
という感じになるくらいシルバーを塗ります。

GsFig02.jpg

別のパーツで見るとこんな感じ。上段。ラフでしょ。
GsFig02b.jpg

シルバーはMr.スーパーメタリックカラーを使用。
僕はメッキシルバーをよく使いますが、今回は赤みが欲しかったので
スーパーチタンを使ってみました。
このシリーズのシルバーは粒子が細かく、ドライブラシしやすいと思います。


【3】シタデルカラーで赤味を足す。

僕はシタデルカラーという水性塗料を込んで使っています。
入手しづらい点がお気楽塗装方法紹介のコンセプトから外れ気味なのですが、、
臭いも無く塗りやすく、なかなかいい塗料ですので機会があれば是非。

そのシタデルカラーの中から「シタデルウォッシュ」シリーズの
「オグリンフレッシュ」という薄めたクリアーブラウンみたいな色を使用しました。

(シタデルカラーは近年各塗料の名称が色々変わったそうで、
「シタデルウォッシュ」は「シタデルシェイド」という名称に変わっているそうです。)


この塗料を筆につけてべちゃべちゃと塗っていきます。
筆ムラというよりは、塗料が溜まってもいいのでべちょべちょと
何も考えず全体に置いていく感じでしょうか。
手持ちの塗料は薄めだったので、2回同じ工程を施しました。

GsFig03.jpg

【4】シタデルカラーで青味を足す。

同様に「シタデルウォッシュ」の「ブルー」をべちょべちょと。
先程の「オグリンフレッシュ」を塗った部分を避けるとかあまり考えず。
ほんのちょっとだけ変化が付く様に意識しつつも割と無心で。

GsFig04.jpg

別のパーツだとこんな感じ。ラフでしょ。
左が【4】の状態。右が【3】の状態。
GsFig04b.jpg


【5】シタデルカラーで黒味を足す。

黒を今度はびしゃびしゃと全体に塗ります。
塗料が溜まった部分をわざと作ったりして変化をつけつつ。
シタデルウォッシュは塗膜が薄いのでこういう風に塗っても
ドライヤーですぐ乾燥させられます。
GsFig05.jpg


【6】タミヤ・ウェザリングマスターで黒味を更に足す。

画像だと分かりづらいのですが、アクリルシンナーを含ませた筆で
ウェザリングマスターの「オイル」を溶かしつつ前全面に塗っていきます。
下地が透ける程度の濃度で。
GsFig06.jpg

奥まった部分は濃い目に溶いてペタペタと。
GsFig07.jpg

【7】傷をつける。

ごめんなさい。
画像が無いんですが、この後3Mのスポンジヤスリの荒い番手や
100均一などでも買える真鍮製のワイヤーブラシを使って
表面に傷を付けていきます。

エッジにあてて下地のシルバーを出しつつ、全面ラフに。

【8】油絵の具でウォッシング。

黒、茶、グレー系の油絵の具を適度に混ぜ、
溝部分などには濃い目、全面には薄目に
無臭ペトロールで溶きながら塗っていきます。
この作業もかなりラフにやっていますね。

【9】アクリルシンナーで調子を整える。

タミヤのアクリルシンナーを筆が少し湿る程度に含ませます。
それをドライブラシの要領でさささっとエッジをなでていきます。

シタデル、ウェザリングマスター、油絵の具が重なった事で
失われた金属感を蘇らせます。
余分なオーバーコート部分を除去すると共に
アクリルシンナーで撫でた部分に艶が出てきます(この艶がポイントだと思います)。

GsFig08.jpg

GsFig09.jpg

以上。
まだまだ盛り込める要素(サビや埃など)もありますが
短時間で説明出来る内容という事でこれくらいで。
これだけの大面積をこういう塗りで仕上げる事は無いと思いますが
せっかくなので僕なりの変わった塗り方を実演させて頂きました。

最後に使った塗料を。

左から
クレオスの「スーパーチタン」と
「メッキシルバー」(←今回使っていませんが通常はこれでドライブラシしています)

GsFig10.jpg

真ん中から右にシタデルカラーの「シタデルウォッシュ」シリーズ(現シタデルシェイド・シリーズ)
「Ogryn Flesh(薄茶)」(現 Reikland Fleshshade)
「Asurmen Blue(薄青)」(現 Drakenhof Nightshade)
「Badab Black(薄黒)」(現 Nuln Oil)

油絵の具は以下の色を。
黒、茶、グレー(代わりに白もよく使います)系の好みの色で適当に。

GsFig11.jpg

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
またも素晴らしい技法です
最近こういった感じの、効果をある程度コントロールしつつも、ランダム性を持つ塗装表現に強く惹かれます
2013/04/23(火) 21:15 | URL | 拙作琢磨 #-[ 編集]
ありがとうございます!

出来るだけ
「画力が無くても普通に塗るのとは違った質感」
になる塗り方をあれこれ考えてます。
ストレスフリーな塗装がモットーです!
2013/04/24(水) 14:08 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1791-1b00021c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック