UPPlus2 テストその1

UPPlus2 テストその1

UPPlus2 テストその1 に関する記事です。
■肉厚が気になる

試しにウィーゴを縮小(3cm程)して出力してみたところ、
データ的にエラーは無いのに、一部出力されなかった部位がありました。
恐らくパーツの肉厚に関係していそうだなと思い
その確認を兼ねてこの様なオブジェクトを用意しました。

底面が縦横10mm。高さ7.5mm。
左からムクの状態、断面の厚さ0.5mmの中空、厚さ1mm、厚さ2mm。
ただの箱にしなかったのは、傾斜のついた面の平滑さと
内側のオーバーハング部分がどうなるのか確認したかったからです。
test_box01.jpg

こちらのデータをこういう設定で出力してみます。
test_box01settei.jpg

右側のウインドウで色々設定を変えられるのですが
僕もまだ全部試せていません。
追々検証していきます。
(ざっくり説明しますと、右側ウインドウの
 「造形物内部」という項目は、例えば立方体を出力する際に
 その内側をどういう密度で埋めるかという設定の様です。
 「サポート」はサポート材の構造設定、
 「密度」はまだよくわかりません。積層断面の密度?)

これで出力13分予想。レッツプリント!

■出力終了

出来た!
test_box01out.jpg

出たー!ニュルニュル式名物のモジャモジャだー!

0.5mm厚のデータは出力出来ないって事ですね。
側面は全く積層出来ていないのに、
屋根の様な台形部分のみ出力しようとして、
足場が無いから宙でモジャモジャが形成されたのです。

右端の物のモジャは、0.5mm厚部分のゴミが付着した様です。

一応1円玉と比較。
test_box01out1.jpg

あ、UPPlus2の出力品は、プレートと出力品の間に積層される部分(ラフトと呼ぶみたい)と
実際の出力品とが結構強力にくっついています。
接地面が平面だとカッターなどで削ぎ取らないと剥がすのが困難です。
(これも設定で変えられるのかな?)
test_box01out3.jpg

ついでに中空の2mm厚の物をカットして内側を確認。
結構綺麗でした。
test_box01out7.jpg

■仕上げてみよう

画像だと実物より大きく写っているので
表面の積層跡が気になると思いますが、
簡単にペーパーかけしてサーフェーサーを吹いてみました。
test_box01out5.jpg

積層部分の剥がれ防止の為、ABS樹脂を溶かす接着剤を流し込み硬化後、
240、400番でペーパーがけ。クレオスのサフ1000を吹き付けています。
test_box01out6.jpg

パテは未使用。サフ時にゴミが付着していますが、
プラモを整形する感覚で簡単に磨いてこんな感じ。
出力時に一部深い凹みがあることと、立ち上がり面のエッジが丸くなっていますが
思いのほか綺麗になりました。

寸法精度は
test_box01out4.jpg

出力したままの物がほぼ10mm。
磨いた物が9.9mm程。

うん。厳密な試作でなければ十分な精度だと思います。

いいぞいいぞ。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1870-ab564887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック