UPPlus2 テストその3 「ウィーゴを出力してみる」

UPPlus2 テストその3 「ウィーゴを出力してみる」

UPPlus2 テストその3 「ウィーゴを出力してみる」 に関する記事です。
色々検証したい事はあるのですが、
合間にいきなり出力し始めた物があります。

12WeGo01.jpg

1/12 ウィーゴ!!

UPPlus2を購入した理由の一つはこれです。
出力品を見せてもらった時に
この機種はある程度大きい物が出力出来て、
ワンオフ物であれば仕上げる事も可能な出力クオリティと判断しました。
荒れがちなサポートが付く面は、量産するわけでは無いので
極力裏面になる様に工夫すればOKと。

まず1/12がどれくらいのサイズになるのか確認したかったので
一番大きいパーツから出力しました。
12WeGo02.jpg

出力中に倒れる事を恐れて横に寝かせて出力。
しかし一か所、途中で外れてしまった部位が、、。
12WeGo03.jpg

ちなみにこのパーツの出力時間は3時間46分。28g使用。
再出力するのは勿体ないかな。

想像以上に表面は綺麗でした。
平面に近い面は段差が目立ちますが、立ち上がり面はほぼパテを使わずに
仕上げられそうです。

前にも書きましたが、UPPlus2は下面が平らな部分にサポートが付くと
かなり強く固定されます。
手で剥がしても一枚皮が残る感じです。
その境界にカッターの刃を入れると削げますが、
厳密にそれが境界なのか、少々えぐってしまっているのか分かりづらい程です。
また、ここは縫い目が目立つ仕上がりになるわけですが、、
12WeGo07.jpg

ここで以前購入したっきり、全く使っていなかった秘密兵器の出番です。

ババーン!ヒートペン!!


ヒートペンとは、温度調整の出来る半田コテの様なものです。

これを使って荒い面を均していきます。
そのままコテ先を当てたり、凹みが大きい部分には
不要になったサポート材を少しコテ先にとってパテの様に擦り込んでいく。
12WeGo04.jpg

センターから左が出力したままの状態。
右がヒートペンで均した状態。
12WeGo06.jpg

全く使い慣れていないので、もっと綺麗に出来るのかもしれませんが。
まだ手探り状態です。
ヒートペンの温度は240度で作業しました。
通常のプラモより高めだと思います。

ついでに上手く出力出来ずに外れていたパーツも
ヒートペンで補修。
12WeGo05.jpg

ここも頑張ればきっともっと綺麗に出来そう。
ただ、元々ラフに盛り付けたポリパテをゴリゴリ削って原型作っていた者としては
ここまでで出来ればもうやすりがけに移行したくなるのです。

細かな凹みや傷を補修するのにラッカーパテは使いそうですが、
ポリパテやエポキシパテは使わなくても大丈夫そう。
それだけでもかなり気がラクになる。

という訳で。

ヒートペン、この方式の3Dプリンターに

超使えますぜー!!


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。ヒートペンとは面白いですね。機会があったらぜひ試したいです。

ラフトは出力完了後にしばらく放置してからの方が剥がしやすいです。ただし大物は冷蔵庫に入れると変形しますのでご注意ください。

パーツの破損はノズルにぶつかったのでしょう。こちらでもたまにやります。出力中、パーツがグラグラしたら一時停止(プリンタ設定)して耐熱テープで補強してます。非常にやりづらいので、とどめさしてしまうこともままあります(笑)

表面処理に関して、もし環境が許されるのでしたらアセトンガス処理ってのもあります。
http://youtu.be/VvCEnA0NEG4
2014/04/26(土) 02:52 | URL | m #-[ 編集]
ラフト、平面にびっちりの場合は冷えてもやはり外しづらいですね。
設定変えれば変わりますかね?

一時停止の再固定、なるほど。
今度剥がれに気づいたらやってみます。

アセトンガス、言葉では聞いたことがあったのですが
実際にどうやるのかは初めて知りました。
ありがとうございます!
小さいパーツで試してみようと思いますが、
確実にエッジもだれるでしょうから
形状と用途によりけりですかね。
どれくらいの状態になるのかは
とても見てみたいのでやってみようと思います。
2014/04/26(土) 17:13 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
アセトン処理
小出しでごめんなさい。本来のアセトン処理はこんな感じです。
http://ideahack.me/article/174
前回のは裏技?的な方法で気温や攪拌に左右されます。上手くいったりダメだったりしますけど過熱するよりは比較的安全です。

ラフトやサポートの設定はこちらも色々と実験中です。なかなか難しいです。

形状にもよりますけど、自前で台を作って乗せてしまうと少しましになる時があります。
2014/04/27(日) 04:55 | URL | m #-[ 編集]
こっちはちょっと気軽には出来ないですね。
臭いすごそう、、。
まずは簡易版で試してみますー。
2014/04/27(日) 21:02 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1873-0bc54e56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック