UPPlus2 テストその8 「PLA」という材質

UPPlus2 テストその8 「PLA」という材質

UPPlus2 テストその8 「PLA」という材質 に関する記事です。
FDM形式の3Dプリンターの多くは
ABS樹脂以外にPLAという素材を用いる事が多い様です。
Upplus2にも純正品としてその2種のマテリアルが用意されています。

しかし取扱いサイトや実店舗での話を聞くと、
異口同音に

「PLAは堅くて仕上げ加工に向かない」
「加工するならABSの方がいい」

と説明されます。
「PLA」という響きから、いわゆる「プラスティック(スチロール樹脂)」なの??と
思いがちですが、どうも全然違う材質の様です。
詳しく知りたい方は検索してください。

光出力よりはるかに安価なFDM方式とはいえ
4~6千円程する材料を無駄にしたくは無いので
そこまで言われると当然購入するのはABS樹脂だった訳ですが。

先日PLA樹脂を頂いたのでテストしてみました。

出力された物はABSより光沢があるので少し綺麗に見えますが、
精度に変わりは無い様に見えます。
12WeGo_007.jpg

サポート材はABSより剥がしづらい印象。
PLAがABSより硬いからですかね。
12WeGo_011.jpg

で、ほんとに仕上げられないのか?
早速ペーパーがけをしてみたところ、
あれ?普通に磨けるんですが、、。

確かにABSより少し硬いですが、
かえってエッジなどをキープしやすく、磨きやすい印象も受けます。

簡単に磨いてクレオスのサフ1000吹付け。
積層跡は割と簡単に消えました。
カッターとピンバイスで少し加工しても問題を感じません。
12WeGo_006.jpg

瞬間接着剤は効くようですが、
プラモ(スチロール樹脂)用、ABS用、アセトンなどでは溶けない様です。
よって、PLAはABSの様にアセトン蒸気での表面仕上げは出来ません。
ラッカーシンナーに一晩漬けても変化無しでした。

そういう意味では塗料のノリもABSより弱いかもしれません。

こちらは画面左が少しヤスリがけした状態。
右が出力したままの状態。
12WeGo_008.jpg

積層角度によって少しパテを使った方が仕上げやすい箇所が出てきますね。
ABS、PLA共に荒いヤスリで削ると微妙に毛羽立つ感がありますが
それ程気になりません。

現状ではABS、PLA共にモデラーなら「仕上げられる」材質かなと思います。
今後仕上げ、塗装と行程が進むにつれ何か見えてくるかもしれませんが、
現状ではABSより安いPLA、選択肢としてはアリかも、と僕は考えています。

購入、導入は自己責任でね~。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
PLA試してみようかなぁ
なるほど~

参考になります♪

PLA食わず嫌いだったけど

一度ためしてみようかな
2014/06/05(木) 17:16 | URL | ばーちゃわーるど #FvLIUmYM[ 編集]
人によると思いますが
全く使えない!という事は無さそうです。
ただどちらが良いかと問われれば
ABSだと思うので、
僕はコスト、色とでABSと天秤にかけて
考えて使っていければいいなと思っています。
2014/06/05(木) 20:38 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1883-d0c49874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック