UPPlus2 テストその9 仕上げを少々

UPPlus2 テストその9 仕上げを少々

UPPlus2 テストその9 仕上げを少々 に関する記事です。
先日出力したPLA製の頭部と
荒く磨いてサフを吹いたABS製の胴体カバーに
フィニッシャーズのラッカーパテをシンナーで少し溶き、
指で積層跡に擦り込みました。

頭部のみヤスリで荒く磨いた状態。
12WeGo33.jpg

続けて胴体も磨く。
ウェーブのダイヤモンドヤスリシート、ウェーブのヤスリスティックソフト240番、
スポンジヤスリなどを使用。まだ荒いヤスリのみです。
12WeGo34.jpg

そしてクレオスの缶サフ500、1000を重ねて吹き付け。
胴体側はかなり綺麗になったので、
あとはピンポイントでラッカーパテ、400番、600番フィニッシングペーパー等で
仕上げかな。
12WeGo35.jpg

頭部は画像だとあまりわかりませんが、
まだ割と積層跡が残っています。

両パーツ共、同じ様な工程で磨き作業をしたつもりですが、
PLAとABSの材質の硬さの差が少し出た様にも感じます。

まだ仕上げ切った訳ではありませんが、
今のところ僕はアセトン蒸気法は使わず、
ヤスリとパテで積層跡を処理していく方が良いなと感じています。
思ったよりストレス無く作業出来ているので。

元々12ウィーゴはそれほど綺麗に仕上げるつもりが無かったのですが、
検証してるうちに真面目に仕上げ始めていますね。
複製、、いや、シリコン幾らかかるんだ。無理無理。


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
ココは一つ・・・
ココは一つバキューフォームキットという手は・・・
2014/06/09(月) 22:46 | URL | くりもと #-[ 編集]
バブルキャストより難しくなりかねない!
2014/06/10(火) 13:51 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
やはり手は動かすべきですね・・・
> アセトン蒸気法

教えといてなんですが安いABSだと処理後しばらくして表面に細かいクラック入るのを最近確認しました。力を加えても同様にヒビが入ります。

今の所純正ABSだと問題出てませんが大事をとって暴露時間短めにしてます

ラッカーパテ良さげですね。なんとなく光硬化パテ使ってたんですが乗り換えようかしら
2014/07/08(火) 05:39 | URL | m #-[ 編集]
あらま!
うちの物は純正しか使っていないので
今のところ平気そうですが
色々あるんですね。なるほど。

光硬化パテも使っていますが、
細かな傷にはラッカーパテのスリ込みが
僕は良いですね。
硬化後の硬度も適度なので均しやすいです。
ラッカーパテも色々あり、本当に細かい傷は
タミヤパテをシンナーで溶いて筆塗りして使いますが、
少し深めの傷にはフィニッシャーズのラッカーパテが最適だと思います。
専門的な模型店に行かないとあまり売っていませんが。
2014/07/08(火) 09:46 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1884-1bac7795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック