12ウィーゴ・セカンドその2

12ウィーゴ・セカンドその2

12ウィーゴ・セカンドその2 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

全パーツ出力終わりました。
WeGo0920a.jpg

ミスって出し直したパーツが幾つかあり、
正確なデータではありませんが、
一体分の出力にかかった時間は約59時間

使用したABSフィラメントが458.2g

実際出力にかけてた日数は4日+今朝30分。初日に早めに動いていれば4日で収まってます。
材料は700gのABSを6000円ほどで購入したので、
1g換算で8.5円とすると、このウィーゴ1体で4000円かかっていないですね。

安い、、!!!

ランニングコストの低さはこのタイプの3Dプリンターの最大の強み。
あと僕が気に入っているのは寸法精度がなかなか良いという点。

胴体フレームのパーツなどは
WeGo0920f.jpg

ギュッギュと組みたてていくと
WeGo0920g.jpg

接着剤不使用でこうなるという。素晴らしい。
WeGo0920h.jpg

ABS樹脂なので、多少キツイ部分もグリグリとはめ込んでも
結構無理が効くのがいいです。
パーツ強度もそこそこあるので、あんまり破損も無いし。
(データや積層設定によりますが)

最大の弱点としてはどうしても出力時の下面が荒れる事です。
ウィーゴの肩外装で言うと、左の上面は綺麗(この方式としては)に仕上がっていますが、
積層時下面になる右側はかなり荒れています。
WeGo0920c.jpg

1体目はこのままパテで仕上げましたが、
今回はパーツを2分割して出力してみました。
接合面になる部分に3mmの穴をデータで作っておき、
出力後3mmプラ棒(白い部分)を挿してピンを立てれば
WeGo0920d.jpg

面にズレもなく組み上がります。
(接合面に少し隙間があるのは、サポートをラフに取っただけで
 ヤスリで面を均していないからです)
WeGo0920e.jpg

他、気づいた点などありますので
明日に続きますー。

ウィーゴより3Dプリンターの話が主になっていますので、
 カテゴリーを3Dプリンターにしています。)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/10/05(日) 22:05 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
有益な情報有難うございます!!
是非一度試してみたいと思います。
コメントが非公開になっていましたが、
こちらでお礼を。。
2014/10/05(日) 22:20 | URL | Kazushi Kobayashi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/1940-1f9ebd73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。