時をかける少女 2006 疾走

時をかける少女 2006 疾走

時をかける少女 2006 疾走 に関する記事です。
えー、上映開始です。

ここではあまりストーリーに触れない方針ですが
(単に上手く書けない逃口実)
楽しみにしてる方は念の為ご注意を。


よかったです。
終盤涙溢れました。
流れるまで行かなかったけど、
それで優劣が決まる訳でも無いので。

話は過去の「時をかける少女」を見ていて、
女子一人、男子二人のドラマを考えると
ある程度は想像がつく物だったかもしれません。
でも常に新しい事をやる必要は無いし、
監督が描きたい事があるのか、
それが明確に出せているのかという事の方が
大事なんじゃないかと思います。
そういう意味ではとても気持ちよく、
うまくまとめられていたと思います。拍手。

最近技術に溺れただけで終わっちゃう物や、
別に描きたい事ないよね?って丸わかりな物などを
目にする機会が多いので、
実直というか、不快にさせない配慮をしつつ
丁寧にまとめられている作品を見ると、
それだけで実は素晴らしいんじゃないかと
思ったりしてます。


主人公の真琴は素直にかわいいって思えました。
かわいいってのは絵がモエーとかいう事じゃなく、
うまく肉付けされていて、アニメっぽいキャラではあるんだけど
中身が魅力的に描かれてるという事です。
それで素直に感情移入出来るのかな。

「誰かに迷惑をかけてる訳でもないし」と
明るく楽しく行動をしていくのですが、
その過程で少しづつヒズミが起きて行く事に
次第に気づいていかされる様と、
若さゆえの「友」と「恋」の狭間からの逃避→葛藤が
ドロドロせずに描かれているのがよかったです。


最近のアニメでは、不必要に血を流したり、際どい描写をすれば
なんかオシャレ?というか、クール?みたいな風潮あるじゃないですか。
必要ならいいですけど、要るか?この話に?って思う事も多々ありまして。
そういうのって製作側が油断してるとつい表に出てきちゃうと思うんです。
悪意が無かったとしても。
でもこの「時かけ」はたぶん意識して排除しながら作っているんじゃないかなあと。
そこも僕は好印象受けました。


アニメーションならではの良さってあるじゃないですか。
実写では表現出来ないようなタイミングや味など。
この作品で言えば、タイムリープ時の描写はとてもアニメ的で、
真琴のキャラクター性を表現する上でも成功していると思います。
笑いました。


と、ストーリーに関しては、
僕が何の予備知識もないまま見たがる人間なので
ほとんど触れていない訳ですが、
これ読んだ人がこの作品を見たくなるかどうかわかりませんけど
良作だと思いますので、興味のある方は是非どうぞ。


RPGアニメより、こっちの上映館増やして欲しいです。
内容はこっちのが圧勝ですね。
東京で1館って何だよ。


060721_1011~0001.jpg


これは劇場で配布してた名刺サイズカード。
3回行ってはんこ押してもらうとデカいポスターもらえるそうです。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
かなり観たいです。
観れない地域代表のひとりです(泣)
サワーな空気を味わいながらってのはカンベンですが。

公式サイトからも「よくできてる感」が伝わってきて、すごく気になってて。
いくら何でも、上映館少な過ぎですよね。

>RPGアニメより、こっちの上映館増やして欲しいです。
同感です。
最近のアニメって、やたらとタレントを声優に起用してたりして、
ぼくなんかそれだけで観る気なくすタイプなもんで。
欲をかかずに実直に作ったものが
正当に評価される機会すら与えられないなんて、
世知辛いにもほどがあります。
2006/07/21(金) 11:03 | URL | 580 #-[ 編集]
580さん

はじめまして。コメントありがとうございます。
ブログも拝見しました。
いやー、青春、疾走ドラマでしたよ。

たぶん評判はいいと思うので、次第に上映館が増えていけばいいなと思ているんですが。

>欲をかかずに実直に作ったものが
>正当に評価される機会すら与えられないなんて、
>世知辛いにもほどがあります。

まさに!
そうですよねえ、結局お客さんの大半はそんなに内容を求めていないのか?
と、たまに思ったり。

人が死んだら悲しいのはアタリマエーであって、
それで泣いて感動→いい映画っていう訳じゃないんだぞ?
とか思ったり。

本当にそれが必要なのか、安易な演出の一つとして選択してるだけじゃないのか?
製作サイドの方には自問して頂きたいなと
エラソーにこっそりと思う次第です。


そういう意味では今作はとても良質だと思うのですが。
是非580さんにも見て頂いて感想を聞かせて頂きたいです。
ご近所での上映を願っております。
(つまらんかったー!となった場合は好みの違いという事で、、)


2006/07/21(金) 11:45 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
ああ、これ、すごく観たいです。
広島でも上映してくれるといいけど…。
TVで「ハウル」見てて、「コレも細田監督が
降ろされずにちゃんと作ってたら…」とか
思っちゃいました。
声優問題については、現在アニメ映画は
有名俳優を起用しないとまず予算が出ない
という世知辛い話い聞きまして(ジブリ作品
ですらも。…つかジブリが元凶か?)これは
もうどうしようもないのかもしれません…。
作品にちゃんと合ってればいいんですけどね。
2006/07/22(土) 00:12 | URL | #-[ 編集]
↑あれれ、名前が無記名でした。ボクです。
失礼いたしました。
2006/07/22(土) 00:14 | URL | サエキコウイチ #-[ 編集]
>サエキさん

どうも。
テンプレ変えたせいで名前欄が空白になったのかもです。

ハウルはそういう事情があったんですか。
むー、こわいなあ、アニメ業界。
俳優の声優化は、まあ僕もそんなに嫌でも無いかな。
合ってれば。
逆にアニメアニメした声優さんになるよりはいいかも。
問題はそれをウリにしちゃって中身がスカスカってパターンですよね。

広島、上映しないんすかー。
まあこの手の映画はDVD化も早いんでしょうけど。
大画面で見るとなかなかに爽快な映画だったんで
やっぱりもう少し規模拡大されるといいですね。

一人3回行けば拡大するかな?


2006/07/22(土) 00:50 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/308-726a1827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック