*メカトロ中部* step2 その1
FC2ブログ

*メカトロ中部* step2 その1

*メカトロ中部* step2 その1 に関する記事です。
えーと、やっと『夏ワンフェス』表記を外しました。
そのワードで検索してここにぶち当たってズッコケた方、ご愁傷さま。
カテゴリーも「メカトロ中部」表記に改めました。

と、どーでもいい細かい話は置いといて。

近々書きますけど、実はあるイベントに「チューブ1号」を展示して頂ける事になりました。

それに伴い、数日しかありませんが、
ワンフェス時に盛り込めなかったディティールの追加工作を始めました。
根本的に作り直したい要素はたくさんあるのですが、
それは流石に時間的にも無理なので、
お手軽系な改造をちょこちょことやっていきます。


まずは肩と腿周り。
2006_08250001.jpg


ホイール状パーツはもうちょっとシンプルな物に変更。
ほんとはただの円盤でいいんですが、自作→複製する時間を惜しんで
この形状パーツに換装。
リベット状の物は虫ピンです。
F1模型作ってた頃にはたまに使ってましたが、
今回使おうと思って近所(都下)で探したら全然見つからず。
文具屋、手芸屋回ってようやく手ごろなサイズの物を
極近所の手芸屋で発見。
都心に行けば色んな大きさのが手に入るはずです。

あ、で、今回の模型で言うと、
FRP製の水色パーツの裏から白いパーツをはめ込み、
表からタッピングビスで止められてる、、といったイメージです。
そう、「チューブ1号」はまだ試作機であるがゆえ、
洗練された車という仕上がりではなく、
造形屋の(バイト含む)力作イメージなのです。

あ、オマエ、車知識無いから造形屋に逃げただろうって?

正解。アタックチャーンス。


手首も同様に細工してます。
ここは入手した虫ピンより頭の小さいWAVEのリベット貼ってます。
2006_08250002.jpg



あと、まだ使ってないですけど、
六角レンチ各種とプラ棒各種をシリコン型取り。
2006_08250003.jpg

レンチの方にはレジン流して、任意の大きさに切断して
ボルトナット表現に使おうと。
プラ棒の方はスカ詰めて焼いて、
モール再現などに使おうかなと思ってます。
(今回使うかは未定)


あと前回スネのモール部分が寂しかったので
板ナマリを使用した止め具作りを。
車じゃない。造形屋ディティール。
まず適当な大きさに板ナマリ(釣具屋の物が薄くていいよ)を切り出し、
2006_08250004.jpg


爪などで大まかに押し付け、
2006_08250005.jpg


ヘラなどで丸みのある部分からグイグイ押し付ける。
ナマリはある程度伸びるのでかなり馴染んでくれます。
2006_08250006.jpg


こんな感じに出来たら、余分な所をカット。
2006_08250007.jpg


完成。
ついでに2箇所小さな止め具もつけてます。
ここにも後でリベット(ビス)表現をします。
ナマリなんでぐっと押し付ければ簡単に後がつきます。
2006_08250008.jpg


板ナマリ最高。
ブログにもUPしましたWMプロメウスタイプ
(「過去の作品」カテゴリー参照)
の頃から使っていますが、
ガンプラだとあんま使わないですね。
あ、ビグザム作例には少し使いました。



フクラハギ部分にも虫ピンと「はとめ」でディティール追加。
右に並んでるのが先日の展示状態の物。
2006_08250010.jpg



てな感じで色々やってます。
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/342-d479b5a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック