缶サフ処理

缶サフ処理

缶サフ処理 に関する記事です。
こんにちは。
先日は ma.k本 の魅力を素晴らしくお伝えしようと思っていたのですが
いざ書き出したら頭が回らず(いつもだろって言うな)大した事を書けなかった者です。

一つの仕事に区切りがつき、激しさを増す部屋の惨状を少し改善すべく
掃除をしてました。少しだけ。
オーブンレンジを乗せてたラックがまた(3度目)崩壊したので
仕方なく始めたって説もあります。

とりあえずゴミを捨てるのだと。

061205_1226~0001.jpg


あっという間に溜まるサフ1000の缶。
たぶん年にこの3~4倍使ってるんじゃと、、、
勿体無いとは思うけど、玩具原型物だとこれくらいの吹き具合が一番いいんですよね。
適度にボテっとして傷埋めてくれるし。

捨てる際にガス抜きをするのですが、
(100均で買ったガス抜き器具使用)
その際結構塗料が残ってる事に気付きまして。
ある時期から容器に溜める事にしました。
綺麗に吹けなくなった缶状態で、これくらいの本数から
061205_1226~0002.jpg

こんなに塗料が出てきます。
(穴が上を向くように開け、シューとエアが抜けてる間に
 穴を下に向けるとブシューと噴出してきます。
 手が汚れるのでご注意を。)

出した塗料にはガスが混ざってますので、
しばらくはフタを締め切らずにガス抜きしましょう。
うっかりすぐ閉めちゃったら、次回開ける時にブシューと塗料が噴出すので注意。

こうやって抜き取った塗料はエアブラシで使えばいいんですが、
僕は滅多にエアブラシでサフ吹かないので、
使ってくれる人に譲ったりしております。

塗料残したままゴミ屋さんに捨てるのはよくないと思うので
皆さんも是非。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
エアブラシでサフは吹きたくないですね。
サフ吹きって結構、缶を乱暴に動かすので、
ブラシだとそこらじゅう塗料を撒き散らしそう。。
塗料を詰め替え出来る模型スプレーがあると便利なんですけどね~。
(車用である事はあるんですが、
ノズル径がデカくて模型関係には不向きなんです。)
2006/12/07(木) 13:26 | URL | さかうえ #-[ 編集]
>車用である事はあるんですが、

おお、未知のアイテムが。
缶サフを使う一番のメリットは
使いたい時にサッと使えるって所ですね。
ウチ、エアブラシ用の換気ブースは
いちいち窓開けて排気口セットして、、とやるんですけど、
いつでも使える状態にしておくと
冬場は特に寒くてツライので無理です。

缶サフ吹く時だけ窓開けて
ベランダに立てたダンボールや新聞紙に向かって吹いております。
極力近隣に飛んで行かないように、、と。

2006/12/07(木) 14:02 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
うわさのアイテム
換気ブースの無いウチは、単体で買った普通の換気扇を
その都度引っ張り出してきて誤魔化しながらやってます。

未知のアイテムは、このページ↓の中段にある「インスタントスプレー」ってやつです。
ttp://www.paint-okajima.co.jp/shop/bike/fcategory13_a_1.html
缶の下に瓶が付いてるのが結構新鮮です。
一回使った事はあるんですが、
塗料瓶の容量に対してガス量が結構少なくて
圧がかな~り低いんですよね。
あとデカいノズルと相まって、塗膜がアバタだらけ。(使えね~!)
何の用途に開発されたのか、さっぱり分かりません。。
発想は素晴らしいんですが。
2006/12/07(木) 16:57 | URL | さかうえ #-[ 編集]
おお!
すごい。
使えるならちょっと便利そうなのに。

こういうので、
缶の方にコンプレッサーで圧を注入し、
繰り返し使える物って作れないんですかね?

昔手動でシュコシュコ圧を溜めて
噴霧する殺虫剤あったけど
そんなのでもいいから使える物をどこか作ってくださいー。

しかし缶スプレーのノズルは
ほんとにガックリするやつありますよね。
そこで手を抜いてどうするんだと。
2006/12/08(金) 08:06 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/446-6b34cbb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック