MGアッガイその3 (10/4)
FC2ブログ

MGアッガイその3 (10/4)

MGアッガイその3 (10/4) に関する記事です。
続きです。
3日目。
(くれぐれも丸一日作業してる訳ではないですよ。合間にちょこっとです。)

ag_workD01.jpg

油絵の具を使用して、ウォッシング(汚し塗装の一種でしょうか)を施します。
使用絵の具はこんな3色。適当です。
メーカーも適当。安く買えるセットからチョイス。

これをペトロールという溶剤(無臭タイプがいいです)で適当に溶いて、
例えばスミイレしたいスジボリ部分には黒を多め、
面には茶を多め等、雰囲気でちょこちょこ筆に絵の具を取っては
変化をつけつつ、ベタベタ塗りまくります。
上から下が基本ですかね。

ag_workD02.jpg

こんなアバウトさで。

ag_workD03.jpg

ガンガン塗ります。

全体を塗ったら、今度は乾いた綿棒で上下方向に流れを意識しつつ
余分な絵の具を取りつつ、境界線をなじませていきます。
油絵の具は乾き遅いので、乾いた綿棒でもそこそこ余分な絵の具を落とせますが、
汚いようでしたらペトロールを少しつけて拭き取ったりと臨機応変に。

ag_workD04.jpg

ちょっとよくわからなくなりましたかね、、
ハッキリと線を残してもいいのですが、
まず全体的に馴染む感じでウォッシングをし、
その後細部を描いて行く方がいいと思います。



ag_workD05.jpg

で、全身終了ー。
あ、フレーム部分は面倒なので後回しにしています。

インレタの上からウォッシングをすると、
一部インレタが剥がれてしまったりします。
「僕は剥げた方が変化ついていい」と思うタチなのですが、
気になる人は注意して下さい。
インレタやデカールを最後に貼るのは、
僕はそこだけ綺麗に浮くので避けています。
デカールやインレタの上からドライブラシやウォッシンングをしたいなと。
ただインレタの上から塗料を塗ると、
インレタが若干浮き上がった感じになる事もあるので気をつけてください。



アッガイに関して言えば、試し塗り+遊び感覚で作っちゃってるので
その辺あまり気にせず、ラクに作っちゃっていますが。

まだ全然つづくー
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/6-35c205e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック