1/20チューブ1号 オンラインマニュアル2

1/20チューブ1号 オンラインマニュアル2

1/20チューブ1号 オンラインマニュアル2 に関する記事です。
~メインフレーム編~

ジョイントを差し込む為の穴を開けます。
各種ジョイントで太さが微妙に違いますので、
ノギスで測るなり、要らないパーツで試すなりしてから本番に挑んで下さい。
イエローの物やリボルテックを使う場合、
2.9mmのドリル刃を使うのがいいみたいです。
3mmだと緩くなる事が多い。
2007_08140042.jpg


最初に1.5mmくらいのドリル刃で下穴を開けておき、
あまり力を入れずに2.9mmの刃を使うと
ブレて穴が拡張する事なく掘れるかと。

場所によってはそのままジョイントを差すと
球が飛び出す所があります。
2007_08140043.jpg


左がイエロー、右がリボルテックですが、
共に軸基部が太くなっています。
2007_08140044.jpg


そこを避ける為に、4mmや4.5mmのドリル刃などで
軽く窪みを作っておきます。
上手くやればデザインナイフなどでも可能。
2007_08140045.jpg


これで球が密着すると。
2007_08140046.jpg


股関節部分には、側面から垂直に1.6mmで下穴を開けます。
2007_08140048.jpg


そこに市販の2mmナベ頭ネジを使って(別途購入ですみません、、)固定します。
長さは8mmがベスト。
股関節パーツにネジを通し、本体側にワッシャーを1枚かまして、
2007_08140050.jpg


ネジを締めて固定。
あまり強く締めるとネジ穴が潰れます。
適度に締め付けて止めてください。

もしもネジ山を潰した場合は、
本体フレームに3mm以上のABSの棒を差し込んで
穴を開け直せばオリジナルより強度が上がるかと。
2007_08140051.jpg


メインフレームを組み上げるとこんな感じです。
2007_08140052.jpg


全部で7パーツ。
2007_08140053.jpg


ここまでに使ったのはイエローの
8mm球 ×1(首の付け根)
10mm球 ×8(その他の部分)

後は操縦部分やフットレスト(にしては大げさな形してますが)等を組み立て。
接着や2mmアルミ線を使って固定します。
2007_08140054.jpg


最後に椅子と操縦かんを取り付けて終了。
2007_08140055.jpg



画像多いー。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/684-eafe0186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック