バイブル・バイブル
FC2ブログ

バイブル・バイブル

バイブル・バイブル に関する記事です。
↑タイトルはエルガイムの予告風に読もう。

先日書いた影響を受けた模型誌の中でも
最もその力が大きかったのが
今度復刊されることになった
「How to build GUNDAM」です。



手持ちの本は小学生の頃に買った物なので
大分ボロボロです。
なのでこの復刊物も買おうと思います。
レベルカラーの広告とかはどうなってるんでしょうね。

この本で最もマイ小学生ハートを鷲掴みにしたモデラーは
やはり 小田雅弘 氏です。

僕はこの方の作品を見ていなければ
絶対今の仕事をしていないと思います。
それ程大きな影響を受けました。

とにかく「塗装」に反応しました。
他の方とは色調が全然違うんですよね、、。
なんでそんな色になるの?
どうやったらこんな風に塗れるの??って、
とにかく異次元のレベルに感じて。
今見ても再現出来ないなと思う色味も多々あります。

勿論工作も素晴らしく、
06Rでは「あの1/100ザクがこんなかっちょよくなるのかー!!」って驚いたし、
ハゲチョロも小田さんのは段違いに雰囲気があるんですよね。
全体的な色調はもう異常!ってレベルです。
2008_03100002.jpg


ジオングはこの作品以降、顔にエッジ付くのが正解になったもんなあ。
スカートの形状も普通じゃないラインに変更されてて。
ノズル周りの色とか、単色じゃなく、
「この青みは??白っぽいのは??どーやるの!!???」って。
2008_03100003.jpg


当時は「誰でも出来る!」的な記事構成でも無いですから、
現在と比べると激的に少ない写真(カラーで2カットだけとかもある)と
なんだか大人っぽい製作文を読んでは、
想像と妄想と何故の嵐で頭はグルグル回ったもんです。
でもそれが楽しかったなあ。

いつかこういう作品を作りたいって思いながら
延々ガンプラを作っていたのかなって
今は思います。
で、気が付いたらそれっぽい業界に足を突っ込んで居たという。

だから僕にとって小田さんは
永遠にヒーローなんですよね。
やっぱ子供の頃の想いは特別です。


で、


もう随分前の話なのですが、


2008_03100001.jpg


オラ、サインもらっただ。

しかもこのバイブルに!!!


当時のちびっこ全員漏らします。
多分学校帰りに不良に巻き上げられます。
こえーす。
我が家の金庫はどこだ。

僕はあんま人にサインねだらないんですけど、
この時はもう突撃しました。

表紙は小田さんの作品じゃないんですが、
小田さんのページにサインしてもらうと
「写真や文字が見えなくなるので!」
と言って表紙にお願いしました。

にしてもなあ、「How to build 2」に小田さんのサインって。
完全に最強キラカードです。
何この三河屋で八月十二日に買ったコラコーラの王かん。
(↑ドラえもん参照)
無敵過ぎです。

よく見ると小田さんの名前の上に

「ストリームベース」

って、、
泣くだろ、普通。
俺、女子だったら倒れてたと思う。


ほんとにこの機会を与えて下さったある方には感謝しています。


スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
なつかしいです!
当時こ子供はストリームベースの作品は、衝撃的でしたね!!
自分はボンボンで衝撃を受け、ボンボンに作例も載っていたんですが、小学生の手先で出来るわけも無く、断念!!(全てパテとプラバンでの作例でした。)
アレを、どうやったら造れるんだろう?って考えた小林さんって、やっぱりスゴイと思います。
ボンボン掲載の作例も復刻して欲しいです。
2009/06/07(日) 15:00 | URL | a #hG7ZF4t.[ 編集]
ボンボンも
残してあったんですが、
実家の引越しの際に処分されちゃったんですよね、、
確かにボンボンにもいい作品がたくさん掲載されているんですよね。

何年か前にそれらの作品の一部が再録された
小さめの本が出ていたと思います。
当事の小田さんのパーフェクトガンダムが表紙になってるやつ。
買ったんですがどこにしまい込んだのか、、
見つかったらまた記事にしますね。
2009/06/07(日) 22:08 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
やっぱり
僕らの世代にとっては小田さんは欠かせませんよね、
未だに引きずってる友人も居ますし、
この06Rと、なんといってもジオングの作例を見た衝撃は忘れられません。

で、この前知り合いになった方が、
部屋の掃除してたら当時の「How to・・・」が出てきたので、
懐かしいなって思い見てみると、
蛍光ペンでいっぱい線を引いてたらしいです(笑

2009/06/07(日) 23:16 | URL | ebaratch #-[ 編集]
そうですね
06R、ジオング、アッガイなどの大改造物は勿論、
色で勝負のGアーマー(リアルタイプ風)や
濃紺のズゴック、ダークグリーンのゲルググキャノン、、
ま、全部好きですね。

>蛍光ペンでいっぱい線を引いてたらしいです(笑

ああ、やっぱりやっているんですねえ。

大昔に古本で買った「MS戦記」(ボンボンのコミックス)は
要所要所が塗り絵されていました。
売るなー!
2009/06/08(月) 08:34 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
あ!いいな!
テラウラヤマシスw
あっしは小田さんのジオング見てあのジオング作ったっす。
今見てもこれ以上のジオングはない。
MGのスカートのライン見て落胆したのはあっしだけではないはずですw

いまだにこの時代の本、教科書です~。
2009/06/08(月) 18:36 | URL | いけぽん #-[ 編集]
小田チルドレン
私もその一人…、というにはご本尊とほぼ同年代だったりするのが悲しい所ですが。

お会いした事はないんですが、間接的に模型を評価して貰った経験が。
第1次ブーム真っ只中に池袋西武でストリームベースが審査員という、
夢のようなコンテストがありまして、
こりゃ出すしかない!と、
リアルタイプ風味の1/100ゲルググ出品したら金賞かなんか戴きました。
今でも勝手に小田さんが選んでくれたと信じ込んでる痛い奴です。

考えたらコンテストに持ち込みしたのってこの時とJAFコンの2回だけだな…。

関係ないけど今日、潮風公園の建設現場見てきました。
胴体が乗ってて、腕も後ろでほぼ組みあがってる感じ。
人が乗ったクレーンが上がっていったと思ったら、
肩口の開口部から胴体パーツの中に入っていってビビった。
2009/06/08(月) 23:07 | URL | MMI #3nbbLuUY[ 編集]
やはり
改めて凄い影響力ですね、小田さん。

>いけぽんさん

>今見てもこれ以上のジオングはない。

ぼ、僕の作ったHGUCも2番手くらいに入れてやってください!
その後MGの作例依頼ももらったんですが、
HGUCでそれなりに改造したので
スケール違いの同じ物にしかならないんでと
お断りしました。

>MMIさん

へーーー
素敵なコンテストが催されていたんですねえ、、流石都会!

>潮風公園の建設現場見てきました。

おお!遠出されていたんですね!
完成したら触れるってTVで言ってましたけど本当なのかな?
外装はFRP製らしいんですが、
あんなシャープに仕上げてて凄いなあって思います。
間近で見たいです。

2009/06/09(火) 09:12 | URL | コバヤシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/863-cca3eacd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック