R3ギャリア:序の2

R3ギャリア:序の2

R3ギャリア:序の2 に関する記事です。
あれこ気になる点をピックアップしていますけど、
決してこのキットの出来が悪いとか、作るの大変って事ではありません。

ただ本来プラモの楽しみって、自分なりの工作が出来る事だと思うんですよね。
無改造で塗りだけ楽しむ(個人的に作る場合はこのパターンが多いです)のもいいですが、
「オレの目にはこういう形に見えたんだぜ」
って、理想を求めてチマチマいじるのもいいもんです。

恐らく世間の公約数的な正解値は、キットのままで十分答えが出ていると思います。
しかしギャリアに関しては、僕の中で最も思い入れのあるキャラですので
他の人から見て「違う」と言われようが、好きに作ってみたいと思っています。
こんな風に感じる人も居るんだなー程度に眺めてもらえればと思います。


さて。

形状的にキットで一番気になってる肩。

2008_05250024.jpg


一見して「なんか大きい?角ばってる?」印象。
で、設定画に近づけるつもりは無いんですが
ちょっと引っ張り出してきてみたら、

2008_05260002.jpg


あー、なるほど。
全然違うんだ。
だから違和感あったんだな。

HJ誌では前後に2mm詰められていたと思いますが、
それも真似しつつこの頂点位置は丸めたいなと思います。

上腕はこのキットで一番ぶっきらぼうに感じたパーツ。
他の部分は微妙にRついてたりするのに
妙に箱っぽいんですよね。
ここはプラ肉厚分の削り込みだけで
印象変わるんじゃないかと思っていますがどうでしょう。


次に足付け根。

2008_05250020.jpg


可動の為といえ、
開くほどに頂点が下がっていくのは悲しい。
構造を見ると極力下がらないように意識して設計されているのはわかりますが
結果的に3枚目画像になると、僕は無しです。

旧1/100ザクの肩構造(中学生の頃見たっきりですが)は
頂点下がらずに可動して良かった記憶がありますが、
個人的にあんま動かなくてもいい派ですので
「2枚目画像までしか動かさない」
って事で逃げるかもしれません。

でも1枚目画像に見える腰と足の隙間は
無くなるくらい内側にオフセットさせる予定。
フレーム干渉などもあり、多分一番面倒な所ですね。


ちなみに僕のギャリア理想像は
OPでアイアンギア前に着地するギャリアと
2008_05260001.jpg


この絵のギャリア。
完全に湖川ラインです。

この形状で作ろうとするとほんとにスクラッチになるでしょうし、
実際にこの絵のまま作ると、好き嫌いがバッサリ分かれる
かなりピーキーな立体物になるだろうなと思います。
ほんとはそれくらいの方が楽しいんですけど。
せっかくプラモが出た訳ですし、
R3ギャリアver.オレ くらいで楽しみたいと思います。


まだ続くー
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moderhythm.blog26.fc2.com/tb.php/937-344f9fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック