HGUCサイコガンダム
FC2ブログ

HGUCサイコガンダム

HGUCサイコガンダム に関する記事です。
本誌が発売になり、
何人かのライターさん(全員他誌・笑)からも「見た!」メールを頂きました。
ありがとうございます。やっぱリアクション頂けると嬉しいですね。

また、別の方からも質問を頂きましたので
それは追々答えさせて頂きます。
もう少々お待ちください。


で、今日は塗装解説です。
「アッガイで十分わかった」とのコメントを頂き、
あれ?もう解説不要???って気づかされましたが、
でももうちょっと書かせてください。
つか工作に関してはあんまり書く事無いんですよね、、。

『塗装=好き。楽しい。
 ラフ工作=楽しい。
 仕上げ工作=誰かやってくれ。』

な人間です。


「サイコの黒部分のテスト」

psyco1026a.jpg

左・キットの黒パーツにそのまま銀でドライブラシしてみました。
  ドライブラシというか、全体に銀をなすりつけてますね。

中央・右・その上に艶消し黒をエアブラシ塗装。
  (ブログ内のMGアッガイ記事参照)

そこにパステルでサビ色と黒をちょちょっと。

このテスト段階で結構行ける手ごたえを感じました。
後は微妙な色調整さえすればと。

psyco1026f.jpg

こんな感じで微調整しつつテスト塗り。
キットを2個用意して頂き感謝→編集部


psyco1026b.jpg

本番パーツのドライブラシ具合はこんな感じです。

psyco1026c.jpg

サフ吹きしたパーツに基本色(エンジングレー+黒。詳しくは本誌参照)を塗り、
その上にシルバーでドライブラシしています。


psyco1026d.jpg

左のパーツがドライブラシのまま。
右が基本色をオーバーコートした物です。

ほら、銀ドライブラシの適当。下手さ加減がわかりますよね。
それがオーバーコートで適度な色変化を見せてくれて
いい味になってくれるんですよね。

皆さんも是非。要らないプラモででも試してください。


つづーく。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

前置き

電撃ホビーマガジンの作例では、
最初に作ったガンタンクから前作リックディアスまで、
基本的にドライブラシ仕上げを続けてきました。
1024_tank.jpg

1024_dias.jpg

本人的には気に入った塗装方法なのですが、
常々不満点もありまして。


1.金属感をもう少し出したい。
2.工程が面倒
3.艶の均一化の回避


1.に関しては、一部のエッジに銀やメタルカラーのアイアンを軽く乗せてみたり、
鉛筆でなぞったりも試しました。
でも銀は浮きすぎる感があり(下手ってのもあるでしょうけど)、
鉛筆だと金属感はいいんですが、光が当たらないと暗く沈んだ色になるのが
好きになれませんでした。

2.に関しては、僕は赤だろうが青だろうが、
全色のドライブラシに油絵の具を使っているんですが、
その為1色ドライブラシする度、絵の具を定着させる為に
(油絵の具はそのままでは乾かないと思った方がと)
軽くクリアーコート→再度ドライブラシ→クリアコート、、、と
非常に手間がかかっていたんです。

おまけにデカールを貼る場合、ドライブラシの前に貼っておきたいのですが、
(その方が本体色とデカールの色が馴染む)
そのままだとドライブラシをかけた際、デカールのエッジに色が乗り
結果的にデカールの余白が浮いて見える事になります。
その為、デカールを貼った後クリアーコートをして
軽く研ぎ出しをしてからドライブラシ、、、なんてやっていたんですね。
ほら、こうやって文字にするだけで嫌になってきた。

3.に関しては、上記の理由でドライブラシ後にクリアコートをしてしまう為、
どうしても均一な艶具合になってしまいます。
戦車系の本を読むと水性だかエナメル系だか、
具合のいいクリアーが存在しているらしいのですが、
気軽には入手出来ない雰囲気です。
いつもMr.カラー等を調整して、
「微妙に艶がある艶消しクリアー」
を目指しているのですが、なかなか満足行きません。
どうしても「フラットクリアーが一層かかっているな」という印象になってしまうんですよね。


以上、気にならない人は全く気にならないような些細な事を、
何とか解消出来ないかな、、と考えて試してみたのが今回の塗装法でした。
他人から見たら不毛な道こそ模型道、、。

1024_psyco.jpg

つづくー

[RSS] [Admin] [NewEntry]

top.jpg

10/25発売の電撃ホビーマガジンにて、
HGUCサイコガンダム と PGストライクガンダム
のニコイチ作例を掲載して頂きました。

記事内で塗装法をつらつらと書いていますが
塗装過程の画像が一枚もありませんので
よくわからないのでは、、と思います。

そのフォローの意味で、同様の塗装法を
このブログ内の MGアッガイ 記事にて再現しています。
こちらを見れば何となく理解して頂けるかと。

また、掲載画像が渋過ぎて(!)細部がようわからん!と
ご意見も頂きましたので、追々その辺のフォロー画像も
載せていこうかと思っています。
たまに覗いて見て下さい。

質問等あればお気軽にコメント頂くか、
メールを頂いても構いません。
回答はブログ内でさせて頂こうかと思っています。

それではしばらくお付き合いの程を、、。

[RSS] [Admin] [NewEntry]